女性の転職サイトのおすすめは?女性の求人サイトの窓口

転職エージェントを活用して満足いく転職をしよう!

  • 女性の転職理由には何がある?

女性が転職する理由は、結婚や出産などが思いつくでしょう。
しかし、辞める理由として人間関係や職場・給与への不満などが多いのです。

  • 企業側は女性の転職採用には消極的!?

女性の転職で、企業側が危惧するのは、すぐに辞めたり休んだりしないかというリスクです。
会社側は待遇を期待した入社を、必ずしも良く思っているわけではありません。

  • 女性が採用されやすい業種は決まっている?

女性の割合が多い職場は、女性の採用率が高くなります。
また、大企業などで女性採用枠を決めている企業もあります。

今の職場から転職したい!そう思って活動をしても、転職活動がうまくいかない場合もあります。
とくに女性の場合、キャリアがあっても思うようにいかない可能性があるのです。
しかし、それでも転職をしたいと考える人は後を絶ちません。
まず、女性が転職をする理由はなにが考えられるでしょうか。

  • 結婚や出産
  • 職場への不満
  • 人間関係
  • スキルアップや年収アップ など…

転職理由として、職場や仕事、給与面に不満がある場合が多いようです。
次に、転職面接で企業側が、女性転職者に考えることをピックアップしてみましょう。

  • 結婚や出産で入社すぐに休職・退職しないか
  • 前職を辞めた理由で辞めないか
  • 会社の給与や待遇だけで決めていないか など…

どうしても、女性が男性に比べると長続きしない可能性があると危惧しています。女性は男性に比べると、ワークライフバランスを重視する傾向にあります。
そのため、「働きやすい」を理由に転職先を決める方もいますが、企業側は会社に貢献してくれる人を採用したいので、採用側と転職者側でズレが生じてしまうのです。
そのため、採用者側は女性ではなく男性を優先して採用してしまう可能性があります。
職種を選ばなければ女性を積極的に採用している職場もあるでしょう。

  • 看護助士・歯科助士
  • 受付
  • 電話オペレーター
  • 一般事務 など…

女性の割合が高い職場は、必然的に女性同士で採用枠が争われるので、能力があれば採用されやすいです。
なかには常に人手不足のため、採用率が高い職種もあります。
職場に女性の割合が低い職場でも、全採用枠のなかに女性枠を決めて採用をしている企業もあります。
とくに大企業は女性雇用を推進しているところもあるでしょう。
それでは、女性の転職に有利な企業を探すには、どの転職サイトを選ぶのがよいのでしょうか。
オススメ5選をご紹介しましょう。

 

転職をするならここに登録!女性必見の転職サイト5選

 

リクルートエージェント

 

特徴

人材派遣などを行っているリクルートが運営する「リクルートエージェント」。
登録後はキャリアアドバイザーと面談し、徹底したサポートの元で転職活動を行えます。
転職するのに、リクルートエージェントはとても心強い味方となってくれるでしょう。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価
総評

  • 約80%の業界最大の非公開求人数
  • 充実した転職サポート
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが転職をサポート

 

 

 

マイナビAGENT

 

特徴

人材紹介や人材派遣を主力業務としているマイナビのサービス「マイナビAGENT」は、転職時に経験豊富なキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。
キャリアアドバイザーはホームページでも紹介されているので、事前に確認することが可能です。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価
総評

  • 応募書類の添削や面接対策で転職活動をサポート
  • IT・通信系やメーカー系に強い
  • 厚生労働省の職業紹介優良事業者認定を取得

 

 

 

DOCA

 

特徴

キャリアアドバイザーの支援だけでなく、企業側からのスカウトオファーのサービスもあり、自分から率先して転職活動することが可能です。
女性の転職に焦点をあてた専用サイトや、女性専用の転職イベントも開催しています。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価
総評

  • キャリアアドバイザーと1対1で話せる個別相談会
  • 女性専用のセミナーを開講
  • 多くの診断ツールを利用可能

 

 

 

パソナキャリア

 

特徴

総合人材サービスの先駆者として、25万件以上の転職をサポートしている実力派!「パソナキャリア」は、年収アップ率も67.1%の実績を誇ります。
取引企業も16,000社。女性のための転職支援サイトである「Woman CAREER」も運営しており、女性が求人を探しやすい環境が整っています。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価
総評

  • 女性自身が「自分らしく働く」ことをモットーにキャリア支援
  • 転職サポートの質が良い
  • 転職ノウハウが詰まった冊子を貰える

 

 

 

女の転職@type

 

特徴

女性専門の転職サイトである「女の転職@type」。
35歳からの転職や、女性からの人気が高い「アパレル・コスメ専門サイト」など、女性目線で転職サイトが作られているので利用しやすいでしょう。
ライフワークバランスも考慮された条件検索もできます。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価
総評

  • 女性専門転職サイトだから安心して求人が探せる
  • 女性に人気の職種をピックアップした専門サイトも併設
  • 仕事探しに役立つコンテンツも充実

 

女性で正社員採用を目指すためにはどう行動する!?

  • 転職時は自分の経歴や目標を整理しておこう

前職のキャリアやスキル、目標年収などを文字に起こしてまとめておきましょう。
面接対策にもなります。

  • 転職するための周辺環境を整えよう

自分の情報をまとめたあとは、転職エージェントや転職サイトに登録したり、転職の情報を集めたりしましょう。

  • 民間の転職サイトはハローワークよりもおすすめ!

民間の転職サイトは大手の求人も多数ありますし、専任のアドバイザーのサポートも受けられます。

女性が正社員を目指すための方法

 転職する際、何も準備しない状況で転職活動を行うと、なかなか転職が上手くいかない可能性があります。
転職をするときは、以下のポイントを文字に起こしてまとめておきましょう。

  • 前職のキャリアやスキル
  • 前職を辞めた理由
  • 自分が働きたい職種や業種
  • 結婚や出産などについて
  • 目標年収 など…

ある程度、自分のことをまとめておく事で、面接対策を行えます。
とくに、転職先が気にするのは、内定後すぐに産休を取り休んでしまうことや、仕事をすぐに辞めてしまうことでしょう。
その行為自体は違法でもないのですが、企業側から良く思われません。今後の働き方にも影響を及ぼすので、プライベートを含めて自分がどう働きたいかを再度確認しておく必要があります。
ある程度自分のことが把握できれば、次は転職するための周辺環境を整えます。

  • ハローワークに登録する
  • 転職エージェントと、複数の転職サイトに登録する
  • 転職イベントの情報を集める など…

もし、以前の仕事を退職していた場合は、失業保険の申請も行います。仕事を探すのは、ハローワークに限らず、複数の転職サイトを閲覧することが大切です。
ハローワークには以下のメリットがあります。

  • 地元周辺の企業求人が豊富にある
  • 職員のサポートが受けられる など…

転職先を大企業とこだわらなければ、ハローワークは強い味方になります。
民間の転職サイトに載っていない、地元企業の求人も多くあるので、選択肢を広げるために利用してみましょう。
次に民間の転職サイトのメリットを見てみましょう。

  • 全国各地の求人がたくさんある
  • キャリアアドバイザーからの支援が無料でうけられる
  • 転職サイトによって、非公開求人に応募できる など…

民間の転職サイトは、 ハローワークと違い、大手企業の求人もたくさんあります。
今住んでいる地域以外の求人にも応募できるので、転職の選択肢を広く持つことができるでしょう。
また、専任のキャリアアドバイザーがついて、求人紹介や書類添削・面接対策などのサポートも行ってくれます。
転職を希望する企業を詳しく調べ、対策を組んでくれるので、転職を有利に進めることができるでしょう。
転職サイトは複数登録することで、多くの求人情報を集めることができます。
しかし、一度に多くのキャリアアドバイザーに対応するのは難しいので、自分に無理のない範囲で登録しましょう。
転職サイトによって、女性専用の転職イベントを開催している場合があります。
正社員雇用に力を入れている企業を集めたイベントなどもあるので、積極的に参加するのが良いでしょう。
ハローワークやキャリアアドバイザーの支援だけでなく、自分からも活動することで、好条件な正社員採用に出会える確率は上げられるでしょう。

転職は計画性が重要!ここまで説明した内容を参考にアクションプランを練って、実行に移しましょう。

転職サイトを利用するなら「リクルートエージェント」

  • 約37万人の転職支援実績を誇る信頼性
  • 業界トップクラスの求人数と独自の転職に使えるサービス
  • キャリアアドバイザーからの実践的ノウハウ

1977年から2016年3月までに約37万人の転職支援実績を誇る「リクルートエージェント」は、業界トップクラスの求人数と独自の転職に使えるサービスを提供しています。
転職サイトの「リクナビNEXT」との違いは以下の通りです。

 

リクナビNEXT(転職サイト)

  • 求人数約6,000件
  • 転職支援コンテンツなどが充実
  • 企業からのオファーが届くことがある

 

リクルートエージェント

  • 求人数約10万件
  • 業界に詳しいキャリアアドバイザーが書類添削や面接対策をサポートしてくれる
  • キャリアアドバイザーが面談を元に求人を紹介してくれる

正社員を本気で目指すなら、キャリアアドバイザーの力を借りた方が、効率よく転職を進めることができます。
キャリアアドバイザーは企業側の社風なども知っており、企業対策のノウハウも持ち合わせているので、良質な書類作成や面接対策が可能になるのです。
キャリアアドバイザーは、転職先の職員ではないので、転職希望先に聞けないようなことも相談することができるでしょう。

転職は一人で行わず、サポートをしてくれるアドバイザーがいるだけで効率が大きく変わります。
相談だけでも受け付けているので、まずは登録して面談をしてみてはいかがでしょうか。

クチコミ情報

リクルートエージェントを利用した結果

給与など条件が良い働き先を見つけたいなと考えるようになり、転職活動を始める決心をしましたが、いざ新たな働き先を見つけることを考えたときに、仕事をしながら転職活動することは、そう簡単ではなさそうだなと思いました。自分だけでは、成功するか不安になり、何か良い方法はないかなと探していた時にリクルートエージェントの存在を知り、興味を持ちました。転職支援サイトはたくさんあるし、どれが良いのかなという悩みもありましたが、問い合わせてみたところとても対応が良かったし、無料だしとりあえず登録してみようかなと思いました。

サービスの申し込みも、インターネットから簡単にできたし簡単な内容だったので入力で手間取ってしまうこともありませんでした。申し込んでから数日後に、リクルートエージェントから電話があり、実際にキャリアアドバイザーと面談をすることになりました。面談ということで緊張しましたが、とても物腰が柔らかくて話しやすい人だったので、安心して相談することができたし、希望の条件もきちんと伝えることができました。リクルートエージェントは、非公開求人の数がかなり多いということも分かったし、かなり期待も高まりました。

その後いくつかの求人を紹介してもらうことができ、非公開の求人で条件もかなり良いものばかりだったのでびっくりしました。応募するのを決めた後には、履歴書や職務経歴書の作成のアドバイスもして貰えたし、面接に関する対策もしっかりしてもらえました。無料なのにこんなに充実したサービス内容で、本当に良いのかなと思ってしまったくらいです。面接の日時の設定なども代行してもらうことができたので、仕事をしながらの転職活動でも負担になることがありませんでした。無事に内定ももらうことができたし、スムーズに転職できたのもリクルートエージェントのおかげです。

リクルートエージェントで転職先が見つかりました

転職をしたいということは、だいぶ前から考えていましたが、仕事をしながらではなかなか簡単に転職活動はできないし、だからと言って仕事を辞めてから転職活動をする勇気もなくて、どうにかならないかなと悩んでいた時に知ったのがリクルートエージェントでした。転職支援サイトはたくさんあるので悩みましたが、リクルートエージェントは案件総数がかなり多く、非公開求人もたくさんあるという点や、内定決定数も国内最大ということをしり、物は試しと利用してみることにしました。

本当に良い求人が見つかるのかなと不安もありましたが、利用は完全に無料ということもあり、もし使い勝手が悪くても損をすることはないので良いかなという気軽な過去持ちでした。申し込みもウェブサイトから簡単にできたので、手間もかからずありがたかったです。その後リクルートエージェントから連絡がありましたが、電話での対応もとても丁寧でした。私は面談ではなく電話での相談となりましたが、とてもわかりやすかったしどんな条件を希望しているのかということも、とても丁寧に聞いて貰えて、信頼できるなと思いました。

いくつか紹介してもらった求人の中から、かなり良いと感じるものがあり応募することを決めました。実際に面接する日が決まりましたが、かなり久々の面接ということもあり、かなり不安もありました。しかしキャリアアドバイザーの人が、その会社の面接の傾向を事前に教えてくれたり、対応方法などもしっかりとアドバイスしてくれたので、かなり心強かったです。実際に面接を受けて内定の知らせが来た時には本当に嬉しかったですが、それだけで終わりではなく、円満退社するためのアドバイスまでしてもらうことができて、こんなに充実したサービス内容とサポートで無料なのは、本当にすごいなと心から思いました。

女性の転職で押さえておきたいポイント

女性の転職サイト

女性の転職を成功させるうえでまず知っておきたいことは、転職はそれほど簡単に成功するものではないということです。「就職先はどこでも良い」というのなら話は別ですが、あなたや家族がより幸せになるためには、きちんと入りたい会社選びを行うことが重要となります。

しかし、女性に対して理解のある職場は多くの女性に人気なため、希望する会社になかなか入れないということもあるでしょう。そのようなときに活用したいのが転職エージェントです。転職エージェントでは個別カウンセリングやアドバイスなどの支援を受けられます。

ひとりで転職活動をしていると、あなたのやりたいこととやれることの間にミスマッチがあるケースもあるかもしれません。転職エージェントを利用すると第三者視点で適切な指摘をもらえ、転職後も成功したという実感を得られる可能性が高いのでおすすめです。

転職に際しては転職サイトを活用する人も多いかもしれませんが、転職サイトの場合はカウンセリングなどのサービスを受けることはできません。転職エージェントの中には利用料が無料のところもあるので、あなたに合ったところを選んでください。

また、転職エージェントを活用すると非公開の求人を紹介されることもあり、周りとの差をつけることも可能です。転職活動のコツはひとりだけで行おうとはせず、周りの助けも適宜借りることが大切となります。転職先選びも女性の転職にとって非常に重要なポイントといえるでしょう。

業種や職種によっては女性が自身の能力を存分に発揮しやすいものがあり、そういった仕事では職場からの女性に対する手厚いサポートも期待もできます。女性が輝ける就職先の例としては、百貨店や化粧会社、保険会社、外資系IT企業などが挙げられます。

職種には営業やマーケティング、事務、販売、介護福祉系などがあるでしょう。特に、営業やマーケティングでは、女性ならではの発想が重宝される傾向にあるので、女性が働きやすい職種となっています。

現在勤めているところが上記のような業種や職種ではない場合、転職に足踏みしてしまうこともあるかもしれません。よくいわれることに、転職では「できるだけキャリアに一貫性を持ったほうが良い」というものがあります。

しかし、これは必ずしも正しいことではありません。キャリアに一貫性があると即戦力として喜ぶ企業がある一方で、多様な価値観を求めている企業も少なからず存在します。

例えば、現在は介護福祉系の仕事についており、営業職に転職したいとしましょう。一見、この2つにはキャリアの一貫性はないように見えますが、介護福祉の仕事でつちかった細やかな気配りや共感力は、営業という仕事ととてもよくリンクしています。
むしろ、介護福祉の経験を持っていることで、有利に営業を進められることもあるでしょう。なぜなら、クライアントに同じような介護福祉に関する体験がある場合、相手の関心をぐっと引き寄せられるからです。

このように、転職先が現在の仕事と大きく異なっていたとしても、両者の間に共通点を見出してアピールすることができれば転職の際に強みとなります。転職先の業種や職種についてはあまり気にせず、果敢に挑戦していきましょう。

女性の転職で押さえておきたいポイントとして、ライフイベントも挙げられます。女性にとって20〜40代は、結婚・妊娠・出産・子育てなど、人生において重要なライフイベントがたくさん起こる時期です。

そのため、ライフイベントのタイミングを上手に図って転職する時期を見極めることが、転職の成否を決める重要なポイントとなります。企業にとっては、採用した人材がすぐに結婚や出産で退職するのを避けたいのが本音です。

そのため、特に女性を採用する際は「既婚か」「未婚か」「子どもがいるか」「いる場合は何歳程度か」などをチェックする傾向にあります。現在妊娠していたり子どもを出産した直後であったりする場合、女性に対して相当理解のある企業以外には転職するのが難しいタイミングといえるでしょう。

特に、30代の女性にはたくさんのライフイベントがあると考えられるため、将来的にどのくらい長く会社で働いてくれるかは企業にとって見えにくくなっています。転職を成功させるためには明確な将来に対するビジョンを持ち、面接で質問されてもひるまずにはっきりと答えることが求められます。

一方、転職活動をする際には今勤めている企業を退職せずに、在籍しながら行うこともテクニックのひとつです。これは女性に限った転職のコツではないですが、在籍しながら転職活動を行うことで、焦ってそれほど希望していない企業に転職してしまうのを避けることができます。

転職は頻繁に繰り返していると、企業にあまり良いイメージを与えません。そのため、転職する際には「この会社しかない」というところから内定をもらうことに尽力する必要があります。働きながら転職活動を行うのはストレスを感じる面もありますが、努力した分転職が成功したときの喜びも大きくなります。

現状に満足せず自ら道を切り開こう

今いる職場に満足できなかったり、転職してキャリアを磨きたかったりと、女性が転職を考える理由はさまざまです。

しかし、ただ漠然と仕事を変えたいと思って転職活動を始めると、失敗することが多いので注意しなければなりません。転職における成功とはもちろん新しい職場に就職することを指します。

ただし、実際それは成功の内ほんの一部であり、就職できたということだけで転職が成功したということはできません。本来意味する成功とは、確固たる転職の目的を持ち、あなたがより幸せと感じられる会社に行くことです。

つまり、今の仕事よりも条件が良い会社に行けたり、キャリアアップを図ったりできることが、転職における成功の定義といえます。

例えば、「現在の会社では責任ある仕事を任せてもらえない」「給料が不当に低いと感じる」など、今の職場に不満や不安を抱えている人もいることでしょう。それを解消してくれる会社に就職することが本当の意味での成功した転職です。

古い価値観を持つ会社では、いまだに男女で給料に格差を設けているところがあります。女性管理職の割合も日本では非常に少ないです。会社に貢献しているのにもかかわらず不当に低い扱いを受けているのが多くの日本人女性の現状です。

この現状を変えるためにも女性が転職して自らの道を切り開くことは大変重要といえるでしょう。また、女性の中には出産や子育てなどがありフルタイムで働けないという人も多くいます。

マタニティハラスメントという言葉がしばしば話題になるように、思うように働けない女性に対してネガティブな感情を持つ職場も少なからずあります。会社も子どもを持つ女性を守ってくれないのであれば、子どもや女性の働き方に対して理解ある会社に転職することもひとつの方法です。

場合によっては正社員ではなくパートタイムに転職することも視野に入れます。女性の転職において、転職への強い目的意識を持つことが転職成功の分かれ目となります。女性の場合、子どもやパートナーの都合によって思うように働けないこともあるでしょう。

転職先を探す際はライフイベントなどさまざまに起こりうるケースを想定し、あなたの現状を受け入れてくれる会社を見つけてください。あなたも家族も幸せになるために、あなたにぴったりあった会社へ転職しましょう。