転職ライブラリープラスとは?

転職ライブラリープラスとは、求職者の転職やキャリアに関するお悩みを解決し、求職者にとって最もベストな選択をお手伝いするプロジェクト、サイトの総称です。

特に人材紹介サービスや転職に必要な最新情報、知識、ノウハウを多く提供していきます。

単なる転職者の口コミや比較だけではなく、ファクト(データ・資料)を含めて、総合的に分析するものです。

業界・職種に応じて信頼度の高いデータの分析や独自調査の結果を公表していきます。

転職に成功する人、失敗する人

転職に成功する人、失敗する人

転職は人生の大きな転機になります。

転職をすることで、働き方はもちろん、収入、人間関係をはじめ、その後の人生が大きく変わることは間違いありません。

実際のところ、転職することで人生が大きく好転することを望んでいる方は多いでしょう。

確かに巷の転職に関するアンケート調査でも転職成功率が高いものが多いです。

しかし、本当に転職に成功したといえるのかまでは分かりません。

転職が決まった時は良くても、実際に新たな職場で働いてみると様々な不満が出てくるものです。

転職してから「こんなはずではなかった」と後悔する人は後を立たないものです。

転職して後悔しないためには、「目的」と「目標」設定が必要になります。

目的・目標とは?
目的とは、自分の人生で成し遂げたい「志」で、目的を達成するには長期の「戦略」が必要です。

目標とは、転職活動なら転職を期限を決め、例えば年収など数値目標を設定し、それを達成する「戦術」が必要になります。

それにプラスして、大切なのが「情報」です。

転職活動における情報とは
・転職活動における「情報」とは、転職を希望する自分自身(の相場価値)企業の情報のことです。

まず自分自身が何を目的に転職するのかをハッキリと言えるようにしておく必要があります。

つまり、転職に失敗しないためには、自己分析と他者分析(企業の情報収集)をすることが大切なのです。

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」(「孫子・謀攻編」)

転職に失敗する人というのは、まず自分が何者であるか、そして客観的にどのように評価されているのかを分かっていないことが多いです。

実際に相手のこと(転職を希望する企業)についても情報不足であったり、色メガネをつけて見てしまったり、逆に良い情報だけを見ている求職者が多く見受けられます。

自分自身の実力や客観的な転職市場での価値を把握していないことが多いです。

そして、転職に失敗した場合、責任はその会社のせいであると他者のせいにすることが多々あります。

主体性がなければ、波に飲み込まれ、転職を繰り返すことになるでしょう。

戦略、情報、戦術、そして主体性

これらが揃って初めて、本当の意味での転職の成功を手にすることができます。

戦略・戦術・情報とは?
【戦略】人生の目的、志を達成するため、転職では長期スパンで失敗しない戦略

【情報】転職したい業界や企業、自分自身の客観的価値を知り、それらの情報を活かすこと

【戦術】転職成功者、転職に失敗した人の分析から、転職を成功させた人を真似る戦術

転職ライブラリープラスでは、これら戦略、情報、戦術にプラスして主体性に関しても、分かりやすくお伝えしていきます。

転職する人、転職しない人

転職する人、転職しない人

実際に日本において、転職をする人はどの程度いるのでしょうか?

総務省統計局の発表(労働力調査)によると、転職率はおおよそ4%台で推移しています。

【過去10年の転職率の推移】(2009年~2018年)

年度 男性 女性 全体
2009年 4.2% 6.3% 5.1%
2010年 3.7% 5.6% 4.5%
2011年 3.9% 5.5% 4.5%
2012年 3.9% 5.4% 4.6%
2013年 4.0% 5.3% 4.5%
2014年 3.8% 5.6% 4.6%
2015年 3.9% 5.7% 4.7%
2016年 4.0% 5.8% 4.8%
2017年 4.0% 5.7% 4.8%
2018年 4.1% 6.0% 4.9%

さらに過去にのぼって、1990年からの転職者の推移をたどってみても、若干増加傾向にあるものの労働者(正規雇用)のうち、毎年、おおよそ4%~5%の間で転職者が出ているのです。

つまり正社員が転職する割合は、30年間ほぼ変わっていないといえます。

4〜5%と聞くと少ないように思う人もいるでしょうが、人数に置き換えると毎年約300万人もの人が職場を変えているのですから、転職者は多いとみてよいでしょう。

正規雇用と非正規雇用のメリット・デメリット
正規雇用(正社員)のメリットは給与、福利厚生、社会的な信頼性を担保できる点にあります。
つまり生活を安定させるには正規雇用の方が有利です。
デメリットは収入が多い分、責任も大きく、また残業、転勤など余儀なくされることもあります。
つまり仕事中心の生活になることが多いということです。
非正規雇用(派遣社員、契約社員、パート・アルバイト)のデメリットは、給与(年収)が少なく、雇用が不安定になることです。
その代わり、自由な働き方を選択できるデメリットがあります。

転職エージェントと求人サイトの違い

転職エージェントと求人サイトの違い

転職の際、転職サイトをうまく活用することで自分に合った求人探しができます。

希望する職種、勤務地、年収、福利厚生ほか様々な条件での検索が可能です。

転職サイトには大きく分けると2種類あります。

それが、転職エージェントと求人サイトです。

それぞれの一般的な違いは以下の通りです。

【転職エージェントと求人サイトの違い】

比較項目 転職エージェント 求人サイト
求人数
情報量
サポート力
活動期間
利用し易さ
転職のし易さ
利用料金 無料 無料

【求人数の違い】

検索できる求人数に関しては、一般的に求人サイトの方が多いです。

できる限り多くの求人をみたいということでしたら、求人サイトが向いているでしょう。

ただし、転職エージェントは非公開求人を保有していることが多く、条件・待遇の良い優良求人や自分の希望に合った求人を紹介してもらえるメリットがあります。

【情報量の違い】

求人サイトでは掲載されている業界の情報、求人情報で応募企業を知ります。

転職エージェントは業種や職種、年齢など専門分野に特化しているところが多いため、求人票では分からない企業の詳細情報を提供しています。

【サポートの違い】

求人サイトには転職に必要な知識、ノウハウを書いたコンテンツがあり、自分自身で気になるところを確認することになります。

転職エージェントの場合は、その業界に精通したキャリアアドバイザー(転職コンサルタント)が求人案件のピックアップから応募書類の作成、面接対策、面接の日程調整、退職のアドバイス、応募先との給与や条件の交渉をあなたの代わりに行ってくれます。

【転職活動期間の違い】

求人サイトでは、自分自身が動くことで転職活動の期間を調整できるため、期間を短くすることが可能です。

転職エージェントを利用する場合、おおよそ1~2ヶ月かかることが多いです。

もちろん担当のコンサルタントに転職活動期間を伝えることで短くすることができます。

【利用のし易さの違い】

求人サイトでは人と会うことがなく、自分のペースで求人の応募から面接日程の調整まで行えます。

転職エージェントの場合、担当のコンサルタントがついて、連絡を取りながら転職活動を進めていきます。

【転職のし易さの違い】

求人サイトでの応募の場合、自分で自己分析し自己PR、志望動機など考え、面接対策をする必要があります。

転職エージェントでは、第三者の目(コンサルタント)であなた自身の特性を明らかにし、強みを引き出すことで、応募先に合った対策を教えてもらえるので、内定率は高くなります

【利用料金】

求人サイト、転職エージェントともに無料で利用できます。

転職ライブラリー+とは

転職ライブラリープラスは、転職を希望する方に最新の求人情報、業界動向の他、履歴書、職務経歴書の書き方、志望動機、面接対策、交渉の仕方、社会人としてのマナーなど広く転職に役立つ情報を提供します。

また業界、職業別のキャリア形成の方法と転職サイトのおすすめを徹底比較していく予定です。

さらに政府・民間の調査と独自に集めたデータを解析、それにプラスして、現場すなわち転職経験者や求職者の生の声、体験談を検証し、最適な転職サイトを導きます。