保育士転職サイトのおすすめ人気べスト5

保育士転職・求人・募集サイトのおすすめ人気ランキングベスト5です。

給料の高い保育士の仕事を見つけたい

チェック画像想像以上に労働時間と労働量が多い

保育士の仕事は想像以上に労働時間と労働量が多いのにもかかわらず、現場の保育士も保育園の園長も利益が出ていないためにバランスが崩れた環境の中で、保育士ばかりに負担がかかる状態が続いています。

チェック画像保育士としてのスキルアップも大切

保育士としてのスキルアップも大切ですが、ある程度スキルアップできたのならば、給料をしっかり支払ってもらえる職場に転職して、金銭的にも精神的にも心配事のない状態で子どもの世話をするのが理想的です。

チェック画像保育士の給与や待遇はかなり改善

近年保育士があまりにも足りずに、保育士の給与や待遇はかなり改善されました。それでも月収25万円から35万円を実現するのは難しいですが、10万円台の給与しかもらえなかった時代に比べるとだいぶましです。

保育士の仕事は社会的に必要とされていて、想像以上に労働時間と労働量が多いのにもかかわらず、現場の保育士も保育園の園長も利益が出ていないためにバランスが崩れた環境の中で、保育士ばかりに負担がかかる状態が続いています。今でも自分の子供を預けるのにもかかわらず、お金はあまり出したくないと考える親が多いために、保育園は差別化をしてちゃんとお金を出せる人だけの保育園にするなどやり方をかなり工夫しないと状況が改善できない現実があります。親がしっかり稼げていればまだ良い方ですが、稼げていない家庭については保育園に通えない場合も出てきています。

市町村や都道府県の助成金も十分な金額ではないので、保育士として本気で働きたい場合は最初から給料の設定が高い現場を選んで働かないと、長続きしません。保育士の仕事が好きであっても、収入につながらなければ、いずれ結婚、子育てをする時に保育士の生活がおろそかになります。他人の子供ばかり世話して、自分の子供の世話ができないとなっては相当なストレスですので、保育士でもきちんと稼いで貯蓄するくらいはできないと意味がありません。

保育士としてのスキルアップも大切ですが、ある程度スキルアップできたのならば、給料をしっかり支払ってもらえる職場に転職して、金銭的にも精神的にも心配事のない状態で子どもの世話をするのが理想的です。

保育士の給与は改善されつつある

近年保育士があまりにも足りずに、保育士の給与や待遇はかなり改善されました。それでも月収25万円から35万円を実現するのは難しいですが、10万円台の給与しかもらえなかった時代に比べるとだいぶましです。しかし、待遇や福祉厚生が遅れているので、結局は給与がどれだけあるかが、仕事選びのポイントになります。保育士給与は良いところでは30万円に近い、28万円や26万円程度になりますが、多くは20万円から24万円の間に設定されています。

保育士もして、児童の送迎ドライバーもやって、夜勤や延長保育の対応もしてようやく月収40万円になんとか届くくらいです。かなりの激務と疲労、ストレスを抱えることになるので、子どもの前で穏やかさを保つのは難しいかもしれません。 首都圏では環境が整ってきて、少しでも良い給料と職場環境で保育士を雇おうとしてくれている保育園も増えてきています。都内ではとくに、労働環境は相当しっかりしているため以前に比べれば働きやすく、稼ぎやすいです。

また、企業や会社、組織の中に保育所スペースを設けて、その保育スペースの保育士を募っている所もあります。会社の中に保育所があるイメージで、帰宅時間、労働時間が安定し、社内の保育園として園長、保育士兼用で働けて、給与も少し高めに設定されることもあります。預かる児童のこと、会社の親、役職の違いなど気を遣うことも出てくるかもしれないですが、そうしたところのケア、差別やひいきなどをせずに面倒を見れれば、長く継続して雇い入れてもらえるでしょう。

保育士業務は責任が重い

チェック画像子どもを預かるという責任の大きさ

保育士の仕事は、早ければ1歳から6歳までの子どもを預かるという責任の大きさを理解していないといけません。

チェック画像子どもの安全と元気を守る仕事として責任は重い

子どもの安全と元気を守る仕事として責任は重いですが、以前に比べると理解ある人が増えているので安心して転職や就職を選べるはずです。

チェック画像福利厚生や待遇は

福利厚生や待遇を見てみると、年休120日、育休産休精度あり、住宅補助あり、残業なし、ボーナスありというようなものが多くあります。

保育士の仕事は、早ければ1歳から6歳までの子どもを預かるという責任の大きさを理解していないといけません。早起きして準備し、子どものそれぞれの体調、親ですら気づかないような体調の変化に気づき、クレーマーやモンペにも対応し、子どもたちの容赦ないパワーに負けないように仕事をすることになります。食べ物やおもちゃを散らかしてしまうことも多いため、その片付けも時間をかけて一緒にやらないといけません。

また、トイレがきちんとできない子がいれば服を着替えさせたり、トイレに一緒に連れて行ってあげたりしないといけないため、事務仕事や建築関係の仕事に比べると相当大変です。男性がやればセクハラ、ロリコン、変態と呼ばれることもあり、女性がやればどうせ楽な仕事で子供と遊ぶだけの仕事だと言われたり、保育士の仕事に理解がない人が多いのも保育士が減ってしまった理由です。 近年の保育園では、業務内容がしっかりまとめられており、責任の重い仕事は、きちんと免許のある人、その責任を負える人が対処するようになっているので、だいぶ働きやすいです。

また、保育園に入れる前の段階で、クレーマーやモンペになりそうな人は省けるよう工夫しているところもあるので、保育士の仕事はだいぶやりやすくなっています。それでも、子どもの安全と元気を守る仕事として責任は重いですが、以前に比べると理解ある人が増えているので安心して転職や就職を選べるはずです。

福利厚生や待遇の良さも大切

保育士バンクの福利厚生や待遇を見てみると、年休120日、育休産休精度あり、住宅補助あり、残業なし、ボーナスありというようなものが多くあります。年休120日は1年間が365日であることを考えると割と魅力的です。GWや年末年始などはしっかり休めるという印象で、土日はしっかり休みが取れるという感覚でしょう。土日だけが休みの場合は年間104日の休みになりますが、120日休みがあるということは約2週間ほど他に休みが取れるということです。

さらに魅力的な所は有給休暇が選べたり、社会保険完備でブランクがあってもOK、新卒採用もしてもらえて、小規模保育でお世話しやすいというような現場もあります。数人の保育士で20人、30人の子どもを預かるのではなく、数人の保育士で多くて10人ほどの子どもを世話するというようなスタイルもありますので、以前に比べると保育士の負担が少ない環境が増えてきています。

ただし、今でも首都圏は改善されてきていますが、古い体質を持つ田舎の保育園などでは対応が遅く、保育士もかなり減っています。そうした古い体質の保育園に就職せず、新しいスタイルできちんと筋の通った保育園を選んで働くことで、あなた自身も子どもを預ける親も、子ども自身も皆がWIN-WINでやっていけるようになります。古い体質の保育園ほど、園長や幹部のものだけが利益を独占している、経営が下手すぎるということが多いので、搾取されないように気をつけないといけません。

人間関係の良い職場で働くのが大切

保育士の職場でも、人間関係はとても大切です。保育士同士の関係はそこまで悪くなることはないですが、保育士の上司に当たる園長や総括スタッフ、チェーン展開している保育園の本部職員などに頭のおかしい人、世間と感覚がずれている人、現場の感覚がわからない人がいると相当苦労します。

保育士求人サイトで転職先を探す場合にも、転職先がなにかの系列の保育園かどうか、園長にあたる人や上司にあたる人が、めんどくさがり、利益重視、感覚がずれている人だと感じた場合にはいくら収入が良くてもその職場は選ばないほうが良いです。収入をこんなに支払っているのに、保育士は楽でいいね、というような愚痴やいじりを毎日されながら仕事をすることほど無駄な時間はありません。

良い保育園に転職できれば、全てのスタッフが助け合いとサポートをお互いにするので良いスタッフだけが残るようになります。甘えてばかりの役に立たないスタッフは、それはそれでどうしようもなく、自然と消滅していきますので、上司と保育士の関係が良い保育園を選ぶのが一番大切です。子どもを預ける親たちもその信頼関係や雰囲気の良さ、保育園の環境の良さで子どもを預けるかどうか考慮しますので、一昔前のどこでも入れれば良いという基準で子どもが預けられなくなっていることを考え、あなた自身で本当に良い保育園だけを残せるよう、良い職場を見つけてください。

子どもの安全と元気を守る仕事として責任は重いですが、以前に比べると理解ある人が増えているので安心して転職や就職を選べるはずです。

おすすめ保育士転職サービス

ここでは保育士の転職に役立つおすすめの転職サービスをまとめています。保育士の仕事に特化していますので、転職だけでなく、新規の就職でも活用できるはずです。ぜひお役立てください。複数のサービスで重複して登録することもできますので、賢く仕事探しをしてみてください。

保育士バンク

特徴

保育士バンクは専任のコンシェルジュやアドバイザーがいる求人サイトで、保育士、幼稚園教諭の免許がある方にピッタリの転職サービスです。非公開求人も多数あり、サイトに登録していれば応募も転職コンシェルジュからのサポートもきちんと受けられてかなり有意義な転職ができるでしょう。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

転職成功例、転職するまでのサポートも充実していますので、とくに首都圏など保育所の多い地域で働きたい方にはおすすめです。中には英語ができると給与が多少上がる所もありますので、保育以外の資格、スキルがある方は妥協せずあなたの持つスキルをしっかりアピールしていきましょう。

・保育士、幼稚園教諭の免許がある方にピッタリの転職サービス
・転職コンシェルジュからのサポートも受けられてかなり有意義な転職ができる
・首都圏など保育所の多い地域で働きたい方にはおすすめ

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら
ジョブメドレー

特徴

ジョブメドレーは福祉系の転職情報が掲載されているサービスで、医師、歯科医師、リハビリ医療、介護の仕事も掲載されています。もちろん保育士の仕事情報も掲載されており。保育士の仕事だけで13900件以上の求人があります。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

看護師や准看護師の求人は2万件以上もあり、看護師で保育士でもある人ならば、さらに給与の高い仕事を見つけられるでしょう。幼稚園教諭の求人も1300件以上ありますので、保育園の運営や園長補佐などの仕事、幼稚園での勤務なども可能でしょう。ジョブメドレーは保育士に特化した求人サービスではないですが、福祉系の資格やスキルがある方はこちらの転職サイトを利用しておいて困ることはないでしょう。

・福祉系の転職情報が掲載されているサービス
・保育士の仕事だけで13900件以上の求人
・福祉系の資格やスキルがある方はおすすめ

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら
マイナビ保育士

特徴

マイナビの保育士求人サービスは登録することでさらに便利な機能を使えます。求人の給与は平均して20万円から25万円の間にあり、比較的満足できる条件の仕事が掲載されています。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

首都圏の通いやすい保育園が多く、新規設立を予定している保育園への求人情報もありますので、あなたのスキルや経験が大いに生かせるでしょう。駅から近い保育園、交通の利便性が高い保育園は保育士も親も利用しやすく、立地が良ければ保育士の給与も相対的に高めに設定されるので利益につながりやすいものです。しっかり稼ぎたい方はぜひ、マイナビ保育士で仕事探しをしてみてください。

・求人の給与は平均して20万円から25万円
・新規設立を予定している保育園への求人情報もあります
・しっかり稼ぎたい方はおすすめ

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら
保育エイド

特徴

保育士エイドは、保育園や施設の中から人間関係が良いとはっきりしているところだけを厳選して紹介してくれている求人サービスです。審査の基準も気になるところですが、職場の環境、働きやすさ、スタッフ同士の関係なども前提として信頼のもとに成り立つので子どものお世話も、開園準備、閉園準備などもしやすいです。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

保育士の転職を考える方のほとんどが、園長や主任、上司との関係が良好ではなく、愚痴や小言の多い職場が嫌だと感じています。こうした実力やスキルを発揮しにくい職場で無理をするよりもモラルのある安心して、余計なストレスのない職場で働けるほうが子どものためにもなります。良い人、良いスタッフ同士をマッチングするようなスタンスもある転職サービスですので、是非活用してみてください。

・保育園や施設の中から人間関係が良いところだけを厳選して紹介してくれている
・余計なストレスのない職場
・良い人、良いスタッフ同士をマッチングするようなスタンスもある転職サービス

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら
保育ひろば

特徴

日本全国、都道府県、各地域から保育士求人を探すことのできるサービスです。転職サポートもついていて、無料で登録して活動できますので、はじめての転職でも安心です。近年は保育士でも福祉系の職業でも転職を考える方は多いので、保育士独自の転職方法、ノウハウで転職をサポートしてくれます。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

保育士が抱える悩みやよくある転職理由にも理解を示してくれますので、相談から採用されるまでをきちんと頼りにできるはずです。仕事探しは自分からしても良いですが、紹介してもらうこともできますので、あなたのスタイル、転職への熱意も合わせて考えられる便利なサービスです。

・日本全国、都道府県、各地域から保育士求人を探すことのできるサービス
・無料で登録して活動できます
・保育士独自の転職方法、ノウハウで転職をサポート

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら

クチコミ情報

給料が上がってモチベーションが上がった

保育士として仕事をしていた最初の頃は給料が15万円しかもらえておらず、毎月ボロ雑巾のように働いて、髪の毛もボサボサの中、子どもたちに体力ばかり吸い取られていくような感じでした。

しかし、スキルアップしたことをきっかけに引っ越しもして、転職もしたおかげで、月収は22万円、手取りで19万円ほどになって、かなり生活は楽になりました。手当などがもらえると20万円を超え、休日も以前の職場よりも増えたのでそれだけでも嬉しい事でした。預かる子供の数も減ったので、より楽になり、転職して本当に良かったです。

働きやすい場所を見つけられた

園長との関係がなかなかうまくいかず、園で仕事をしているといつもどこかで園長がスタッフの仕事ぶりを覗いているようで、園児を送り出した後にこっそり呼び出されて小言を言われるようなことが多々ありました。正直やっていられなくなり、一度保育士を辞めたのですが、どうやらそれを皮切りに多くの保育士が、その保育園を辞めていき、結局保育所は閉園したようでした。

一度他の福祉関係の職場で経験を積んだため、それから再び保育士に戻って仕事をする時、転職サイトを頼りました。ブランクがあっても、小規模保育の現場で、すんなり仕事ができていて、通ってきている親子も良い方ばかりでかなり幸せに働けています。月収も20万円あるので、以前と比べると小言もなく、天国のようです。

保育士さんの転職口コミ体験談

保育士さんの転職口コミ体験談まとめ。転職をした理由と転職をする方へのアドバイスです。

保育士の転職は3回、うち2回は人間関係が原因

【転職活動で利用した媒体:ハローワーク、保育士求人サイト】

(Hさん、埼玉県・20代後半女性)
保育士の資格を保持しております29歳女性です。
埼玉県の公立保育園に正社員として勤務しており今は3歳児の担当をしております。
年収は230万、プライベートでは既婚ではありますがまだ子供はおりません。
保育士の仕事に就いた理由は子供が好きでお世話をしたいと思っていたことと、手に職をつけたいと考えていたこと。
子供のお世話は女性として身につけておくととても有効なことだと考えておりましたし、幼稚園よりも保育士のほうが年齢や性格においてさまざまなケースのお子様と触れ合えると感じたからです。
現在までに3回ほど転職をしました。
1度目は人間関係に疲れてしまい、新卒で入社した保育園を24歳の時に離れました。
2度目も人間関係があまりうまくいかなかったことと結婚を機に引っ越しをすることになり、一度保育士自体をやめました。
3度目は26歳のとき。結婚し引っ越し後新しい環境にも慣れて落ち着いたところで今の保育園に就職をしました。
1度目2度目の人間関係についてですが、いずれも先輩職員が高圧的な方ばかりで雑用ばかりやらされていたこと、仕事のやり方が気に入らないと嫌がらせを受けていたことが主たる理由です。
はじめはこれも保育士の仕事だと頑張ってきたのですが明らかにパワハラじみた行為にエスカレート。
保育士という仕事は大好きですし辛いこともやりがいに感じておりました。
ですが先輩職員に指摘を受けたことや先輩職員が関わることにはいまいち仕事としての誠意が持てずに違和感ばかりを覚えてしまったのです。
わたしの思う理想の保育士像は子供の個性をよく見分けられるひとだと思います。
日頃の業務にばかり追われてしまいがちですが子供たちの一番大切な時期を親御さんからお預かりしているわけですから、その子のやりたいこと、好きなこと、得意なことそういった毎日一緒にいるからこそわかることを伸ばして親御さんに伝えられる先生こそがわたしの理想の保育士です。
面接でもよく理想の保育士像について聞かれます。
でも面接ではあまり自分の思う理想の保育士像を伝えないようにしています。
自分のハードルをあげてしまいますのでなるべく自分に違い保育士像をあげるようにすると現実的で採用率が上がると感じています。
これから転職する方には理想はしっかりと持ち、日々変わる子供たちにしっかり対応できるような先生になれるようにいろんな経験をしてほしいです。

教員と保育士それぞれの資格を活かせる学童保育を目指して転職

【転職活動で利用した媒体:ハローワーク、保育士求人サイト、求人誌、施設のホームページ】

(Pさん、大阪府・30代前半女性)
保育士と小学校教員、免許を持っています。
それまでは教育関係の仕事をしていましたが、一度離職し学童保育の保育士として転職をしました。
大阪の社会福祉施設が運営する学童保育の正社員、年収は約250万円、平日は11~20時くらい、土曜は8~19時くらい内のシフト制の実働8時間の勤務です。
私が転職をしたのは2度ですが、正社員保育士として働いたのは一度です。
もともと学校の先生を目指していて教育関係の仕事をしていたのですが、だんだんと子供に勉強を教えたり「○○指導」という形の仕事よりも、遊びや日々の生活を通して子どもの成長全般を見守れる保育の仕事にあこがれを抱くようになり、教員と保育士それぞれの資格を活かせる学童保育(対象が小学生を中心とした保育施設)に転職してみようと思い、転職活動を始めました。
目指す保育士像は、子どもにも保護者にも信頼される保育士です。
マニュアルに沿った保育はもちろん施設の雰囲気を一定に保つためには必要ですが、それ以上に一人ひとりによりそうことのでき、個別の成長をサポートしたり悩みを一緒に解決していける保育士になりたいと思います。
私が転職経験から得たものは、施設の見学やボランティアなどの機会があれば積極的に参加をするのが良いと思いました。
やはり、表向きはどこも「子ども中心の保育」などよいことを謳っていますが、実際に職員が不足しすぎていてバタバタ慌ただしかったり、保育士内の派閥が外部からもわかるような施設は、働いて苦労をしたり子どもにしわよせがいってしまうのが見えているように思います…。
また、そういった機会を大切にすることで、施設側に積極的な姿勢を診てもらうこともできると思います。
面接では、答える内容ももちろん大事ですが、保育士として子どもの前に立つ適性を見られていると思うので、笑顔や正しい言葉遣いは終始大切にすると良いと思いました。
これから転職活動をされる方は、実際に自分の目で見たりよく施設について調べて、長く働けそうな職場を探してくださいね。
参考・出典
厚生労働省
保育園の管轄省庁。
保育士確保プラン、保育士試験、保育士資格、保育園に関わる政策、施策の情報。

文部科学省
幼稚園の管轄省庁。
幼稚園と保育所の連携の推進及び総合施設の在り方等。

内閣府
認定こども園(文部科学省及び厚生労働省)、 子ども・子育て支援新制度。