薬剤師転職サイトのおすすめ

【2020年8月7日最新版】

薬剤師転職サイトのおすすめは?

「口コミ・評判の良い薬剤師の転職サイトを知りたい」、「数多くある薬剤師転職サイトの中から自分に合った薬剤師転職サイトを選びたいが、どれが自分に合ったサイトか分からない」という方に薬剤師転職サイトのおすすめをこの1ページにまとめました

調剤薬局、ドラッグストア、病院・クリニック、企業などに転職したい薬剤師の転職活動に役立つ転職サイトです。 薬剤師をはじめとする人材紹介会社で10年以上勤めた私が、実際に転職をした薬剤師からの口コミ・評判を加味して選んだ、実際にあなたの転職に役立つ、おすすめできる薬剤師転職サイトです。

好条件の薬剤師求人を見つける方法

チェック画像知り合いに紹介してもらう方法があります

友人や後輩、先輩などに紹介してもらえると、残業がどれ位あるのか、上司の人柄、職場の雰囲気はどうかなど、あらかじめ勤務先の状況がわかるので安心です。

チェック画像ハローワークを利用する方法があります

病院が無料で募集をかけることができるハローワークを利用するケースが多いので、ハローワークを利用してみることもできます。

チェック画像薬剤師転職サイトに登録してお世話になる方法があります

薬剤師転職サイトに登録してお世話になるという方法もあります。この方法には様々なメリットがあります。

 

もっと給与や待遇の良いところで働きたい、自宅からあまりに遠く、もっと通勤に便利な場所で仕事がしたい。ドラッグストア、調剤薬局、病院、製薬会社で薬剤師免許を活かして正規雇用の仕事がしたい。そんな夢を内に秘めている薬剤師の方がいらっしゃるかもしれません。では、好条件の薬剤師求人を見つけるためのどんな方法があるでしょうか。

はじめに、「知り合いに紹介してもらう」という方法があります。友人や後輩、先輩などに紹介してもらえると、残業がどれ位あるのか、上司の人柄、職場の雰囲気はどうかなど、あらかじめ勤務先の状況がわかるので安心です。ただ、紹介してもらって職場に入るわけですから、辞めにくい、ある意味、しばられることにもなります。後から、もっと良い条件の職場があったのにと気づくこともあるかもしれません。

次に、ハローワークを利用するという方法もあります。病院が無料で募集をかけることができるハローワークを利用するケースが多いので、ハローワークを利用してみることもできます。ただ、病院がハローワークに求人を出し、応募があると、面接をしなければならないため、好条件で人材募集をかけると面接のために多くの時間を割く必要が生じます。そのため、あえて、好条件の募集はハローワークに出さないおそれもありますので注意が必要です。さらに、おすすめは求人サイトに登録してお世話になるという方法もあります。この方法には様々なメリットがあります。

薬剤師の働ける好条件求人はあるの?

薬剤師は性別による差が少ない職業であると考えられています。それで、女性薬剤師も好条件の求人を見つけることは可能です。薬剤師求人サイトなども活用したり、転職アドバイザーなどからアドバイスをもらいならが、自分の生活に合った好条件の仕事を見つけてみましょう。女性のアドバイザーに相談できる場合もあります。

女性は家族の介護、結婚、子育てなど、身の回りの環境が大きく変化する可能性があります。それで、例えば、環境の変化があっても働き続けることができるかどうかという点も仕事選びのポイントになることがあります。子育て中のママに助かる土日休みとか、朝10時始業、夕方16時半上がり、週2日から、週1日のみとか、薬剤師の場合には様々な勤務形態があります。じっくりと検討してみましょう。

女性薬剤師の年収や仕事内容って?

女性の薬剤師の年収ですが、概ね400万円位から600万円位と考えられます。国家資格が必要な仕事ですので、通常の仕事に比べ、年収はやはり高いと考えれます。この国家資格を取得するためには薬科大学か大学の薬学部で6年間もの薬剤師を要請する課程を修了している必要があります。仕事内容は専門的です。病気やケガを治すために、薬を研究したり、調合したりすることもあります。

健康食品やサプリメントを製造する会社、製薬会社で仕事をしたり、ドラッグストア内の調剤薬局で仕事をしたりする場合もあります。調剤薬局では医師が処方箋を出しますが、その薬を調合し、その薬が患者にとって問題のないものか確認する作業を行ったり、どの薬をどのタイミングで飲む必要があるか患者に説明し、服薬指導を行うこともあります。

薬局ですと、患者さんたちが次々と薬局を訪れますので、異なる調剤をする必要があります。そのため集中力や注意力が必要となっています。薬の副作用で患者の健康が損なわれたら大変です。調剤を間違えれば命に関わることもありますので、この仕事には責任感が伴います。この資格を持っていると、調剤薬局やドラッグストアなどは全国にたくさんありますので、例えば配偶者の転勤などで居住地が変わるとしても、かなり転職はしやすいと言えるでしょう。

結婚や子育てなどで一度キャリアをストップさせたとしても、研修を受けてもう一度キャリアを再開させることもできます。そして、年齢を重ねたとしても、人生経験を重ねていたほうが、安心感を与えるような職種でもあります。こうした点を考えますと、薬剤師の資格を持った女性は、かなり働きやすい状況にあると言えるでしょう。さらに、薬剤師の中には、薬剤師の責任者である管理薬剤師の資格の取得を目指す方もいます。

薬剤師求人サイトなら求人探しも簡単!

チェック画像非公開求人を紹介してもらうこともできます

非公開求人などを確保している求人サイトを活用して、仕事を探すなら、好条件の仕事を見つけるうえで役立ちます。

チェック画像条件を絞るなどしてサイトを活用して自分で仕事を検索することもできます

調剤薬局に強いとか、病院に強いなど、それぞれの転職・求人サイトの特徴がありますので、自分の目指す道に強いサイトに登録してみることができるでしょう。

チェック画像1人で悩まず、アドバイザーに相談することもできます

薬剤師求人サイトのキャリアアドバイザーに相談しながら、非公開求人を紹介してもらうこともできます。アドバイザーが親身になって自分にぴったりの仕事を探す努力を払ってくれます。

好条件の募集はハローワークに出さないおそれがあります。全ての募集が求人票に出てこないのであれば、非公開求人などを確保している薬剤師求人サイトを活用して、仕事を探すなら、好条件の仕事を見つけるうえで役立ちます。例えば、薬剤師の転職サイトだけでもかなりの数存在します。大小合わせても40社から50社程度あるようです。

調剤薬局に強いとか、病院に強いなど、それぞれの薬剤師求人サイトの特徴がありますので、自分の目指す道に強い薬剤師転職サイトに登録してみることができるでしょう。そして、同じ職場でも、利用する求人サイトによって待遇が異なるということもあり得ますので、1つのサイトだけではなく、複数の薬剤師転職サイトに登録することは大切です。

薬剤師求人サイトに登録すれば、簡単に非公開求人を含めて仕事探しを進めることができるようになります。条件を絞るなどしてサイトを活用して自分で検索することもできます。薬剤師求人サイトのキャリアアドバイザーに相談しながら、非公開求人を紹介してもらうこともできます。キャリアアドバイザーが親身になって自分にぴったりの仕事を探す努力を払ってくれます。場合によっては、自分では調べるのが難しい職場の内部事情も調査してくれることもあります。1人で悩まずに仕事探しができるのでとても助かります。

 

薬剤師転職サイトなども活用したり、転職アドバイザーなどからアドバイスをもらいながら、自分の生活に合った好条件の仕事を最新版!薬剤師転職サイトランキングで見つけてみましょう。

転職したい薬剤師におすすめの求人サイト5選

マイナビ薬剤師

特徴

日本最大級の薬剤師求人、転職サイトのおすすめです。「マイナビ薬剤師」のホームページでは約63,000件ほどの求人情報がありますが、これが全てではありません。インターネット上の求人情報には載っていない非公開求人もあります。その数なんと約40,000件です。年収の高い、働きやすい求人が見つかるかもしれません。丁寧なヒアリングをして、求職者の希望を吸い上げる努力を払ってくれます。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

・1つの企業に対し1人担当者がついています
・約40,000件の非公開求人があります
・楽天リサーチによるご利用満足度調査で4年連続No.1に選ばれたこともあります

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら
薬剤師転職ドットコム

特徴

薬剤師転職ドットコムは、東証一部に上場している株式会社アインホールディングスの子会社、株式会社メディウェルが運営しているおすすめの薬剤師転職サイトです。長い間、医療業界に特化したコンサルティング業務を行ってきましたので、求人票のみではなかなかわからないような現場に近い情報を把握しています。コンサルタントは、利用者が納得の行く転職の手助けを行うことにこだわりを持ってくれています。希望をしっかり受け止めて、責任を持って紹介してくれます。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

・独占求人を含めて約35,000件、非公開求人は12,000件です
・薬剤師転職ドットコムならではの面接対策があり、第一志望内定率も高いです
・利用者満足度なんと95.8%を誇るクオリティがあります

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら
リクナビ薬剤師

特徴

株式会社リクルートメディカルキャリアが運営しているおすすめの転職エージェントです。キャリアコンサルタントに依頼すれば、自分では調べるのが難しい職場の内部事情も調査してくれます。最短で3日という速さで転職を成立させてしまうスピード感もあります。1日就職先の決定が遅れるならそれだけ収入がダウンすることになってしまいますので、スピード感があると助かります。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

・何社でも企業との面接、スケジュール調整を行ってくれます
・求人数は38,000件以上となっています
・株式会社リクルートホールディングスが100%出資している転職エージェントです

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら
薬キャリ

特徴

エムスリー株式会社という医療業界専門の会社が運営する薬剤師転職サイトのおすすめです。転職エージェントも手がけていますので、キャリアアドバイザーに相談しつつ、非公開求人も含めて求人情報を集めていくことができます。薬剤師仕事探し、薬剤師転職に役立ちます。転職エージェントや、薬剤師求人情報、キャリアアドバイザーのプロフィール、薬剤師の転職成功ガイドなど、コンテンツも充実しています。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

・年間20,000以上の登録数があると言われています
・40,000件を超える求人数があります
・医療関連に強みのある運営会社が母体となっています

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら
ファルマスタッフ

特徴

メディカルリソースが運営している薬剤師転職サイトのおすすめです。転職相談満足度96.5%で、平成27年には厚生労働省が進める職業紹介優良事業者に認定されました。専属コンサルタントが面接日に同行してくれて、提示された条件を文書にして契約者として作成してくれる場合があります。サイトも充実しており、お役立ちコンテンツが掲載されています。転職成功事例、コンサルタントの転職アドバイス、薬剤師向け履歴書の書き方などが掲載されています。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

・日本調剤グループが母体であることから、調剤事業に通じた知識があります
・調剤薬局への転職の分野に強いです
・Twitterでの公式アカウントがあります

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら

一番おすすめなのは「マイナビ薬剤師」

チェックボタン画像「マイナビ薬剤師」は日本全国が対応エリアになっています

チェックボタン画像「マイナビ薬剤師」は、ママ薬剤師にもおすすめなサイト

チェックボタン画像薬剤師としてブランクのある方や初めての転職の方にも優しいサイト

「マイナビ薬剤師」は日本全国が対応エリアになっています。全国の企業、調剤薬局、ドラッグストア、病院・クリニックの求人情報を一括で探すことができるようになっています。それで、どこに住んでいようとも、求人を検索することが可能となっています。薬剤師の職場は企業、ドラッグストア、調剤薬局、病院など様々ですが、「マイナビ薬剤師」で扱われている求人は、圧倒的に薬局の数が多い状況です。全体的に調剤薬局が6割位になっています。

さらに、正社員だけでなくパートなど、自分自身に合った好条件で転職活動を進めて行ける可能性がありますので、その点も助かります。「マイナビ薬剤師」に登録すると、最短でその日のうちに10件以上の求人情報を紹介してもらえる可能性があります。求人紹介についてはサイト内で検索できるだけでなく、メールからも受け取れるようになっており、キャリアアドバイザーへ相談すれば、希望条件を重視しつつ、応募先を選んで行くこともできるようになっています。

「マイナビ薬剤師」は、まさに転職したい全ての薬剤師におすすめな薬剤師転職サイトです。この薬剤師転職サイトは、女性特有の出産というライフイベントや、結婚している人、子育てなどに寄り添っていますので、女性に優しい薬剤師転職サイトになっています。例えば、正社員の募集についてですが、産休や育休取得実績ありの募集や、ママ薬剤師向けの募集も多いという特徴があります。さらに、派遣やパートのお仕事についても高時給のものが多いという特徴もあります。他にも、週2日でもOKという求人情報もあり、子育て中の薬剤師のニーズにも合った情報が提供されています。

薬剤師としてブランクのある方や初めての転職の方にも優しい薬剤師転職サイトとなっていますので安心できます。全国の拠点が15会場と他の薬剤師転職サイトと比較しても多く、キャリアコンサルタントの転職サポートも手厚いものとなっています。

おすすめの薬剤師転職サイト口コミ情報

薬剤師求人サイトの薬キャリで転職に成功

 

「薬キャリ」を利用してドラッグストアから調剤薬局への転職に成功した話

残業が多く、残業代が出ず、休憩がきちんととれない職場から転職したいと考え、「薬キャリ」を活用して転職した方の喜びの声が寄せられています。結果として残業は基本的にはゼロで、残業があったとしても必ず残業代が出て、休憩はしっかり60分取れる職場に転職し、なんと年収も50万円ほど上げることができました。

「薬キャリ」の交渉力を伺い知ることのできる体験談です。紹介してくれる求人に対して意見を言ってもすぐに対応してくれたり、メールのやり取りもスムーズで、要望にすぐに応えてくれる姿勢があったようです。「薬キャリ」の対応の誠実さを感じます。

 

「薬キャリ」を利用して調剤薬局から製薬会社の研究、開発職への転職に成功した話

大手の調剤薬局で仕事をしていたものの、住宅ローンや子供の学費などにお金がかかるようになってきたので、年収を増やしたいと思い、「薬キャリ」を活用して、製薬会社の研究、開発職へ転職した方の声も寄せられています。実際の面接の際に、担当コンサルタントが同行してくれて、給与面や勤務条件など様々な事を自分の変わりに上手に交渉してくれたとのことです。

年収も600万円から800万円までアップしました。面接の際に、同行してくれるとは、本当に心強いです。こうした体験談からも「薬キャリ」が役立つ心強いサイトであることがわかります。この機会に、「薬キャリ」の利用を検討してみるのはいかがでしょうか。

薬剤師転職サイトのリクナビ薬剤師とマイナビ薬剤師で転職活動

(YSさん、男性/20代後半)
私は大阪で薬剤師を5年しています。
勤務体制は基本9時から18時で勤務しています。在宅や施設などにも処方されたお薬を届けたりもしています。
3年前に今の薬局に変わりました。
前の薬局を辞めた理由ですが、1日の勤務時間がとても長く休憩もちゃんと取れていない状態で前の薬局も在宅や施設などにも薬を届けていたんですが全部1人でしていたので疲労などがとても多く感じていたので転職をしようと思いました。

薬剤師転職サイトを選んだ理由ですが、仕事で知り合った人にマイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師を教えて頂いたので利用してみようと思いました。
利用してみての感想ですが、募集件数も多くて自分に合った職場がすぐ見つける事が出来ました
転職活動中は次の職場を探してる時はすごくワクワクしていたんですが、その時働いてた薬局に辞めることを伝えるのがすごく言いづらい状態でした。
次の薬局も見つかり後は辞める事を伝えるだけだったんですが、たまたま休憩中にマイナビを見ていたら職場の上司に見られて「辞めるんか?」と聞かれたのでその流れで辞める事を伝えました。
反対はされましたが私の気持ちは変わらない事を伝えたら理解してくれました。

これから転職などを考えてる人に伝えたい事なんですが、給料は大事ですがお金を1番に考えて仕事を選ぶと自分に合っていない職場環境や労働時間なども長くなることになるので1番に自分が最大限に知識や能力を発揮できる職場を探すことを優先してほしいですね。
働いてからしかわからないと思いますが、面接や職場を見学させてもらうとある程度はそこの職場環境がわかると思います。
私は薬剤師転職サイトで今の職場に出会えて本当に良かったと思っています。

参考資料・参考文献

厚生労働省

医師・歯科医師・薬剤師統計・報告書、薬局・薬剤師に関する情報・報告書、医療政策分野関連情報、医療施策情報、薬局機能情報提供制度

総務省 総務省統計局

(薬局数及び医薬品等営業許可・届出施設数)、e-stat(医療施設調査,学校基本調査)

文部科学省

薬学教育基礎資料・データ

日本薬剤師会

日本薬剤師会の活動

内閣府

在宅医療における薬剤師の役割、調剤・薬剤費の費用構造や動向等に関する分析

国立国会図書館

薬局、薬剤師不足に関わる資料・調査資料