薬剤師転職事情【最新】

薬剤師の転職事情

最新データで見る薬剤師の転職事情

2020年12月、最新の薬剤師の転職事情です。

最新のデータ・資料を元に薬剤師の転職事情を解説しています。

2020年10月の医師、薬剤師等の有効求人倍率は1.99倍『一般職業紹介状況(令和2年10月分)について』厚生労働省調べ、12/1報道発表資料)でした。

年月 有効求人倍率
2020年9月 2.01倍
2020年8月 2.10倍
2020年7月 2.24倍
2020年6月 2.38倍
2020年5月 2.65倍
2020年4月 2.92倍
2020年3月(※1) 3.34倍
2020年2月 3.41倍
2020年1月 3.61倍

2020年9月は2.01倍

2020年8月は2.10倍

2020年7月は2.24倍、2020年6月は2.38倍、2020年5月は2.65倍、2020年4月は2.92倍、2020年3月は3.34倍、2020年2月は3.41倍、2020年1月は3.61倍、2019年12月は3.73倍であることから、下落傾向にあることは明らかです。

新型コロナウイルス感染予防対策が行われ、自粛要請が続き、夏場は新型コロナウイルスが収まりかけましたが、11月になって再び感染が拡大したため、薬剤師の有効求人倍率がさらに下がる可能性があります。

想定していなかった出来事で世界的な不況が引き起こされ、有効求人倍率の下落率は過去に例を見ないほど、早いです。今後の薬剤師転職事情も変化していくでしょう。

そうとはいえ、一般の職業と比較すると薬剤師は全体的に人手不足であることに変わりはありません。

東京、大阪、横浜、名古屋、福岡、札幌、京都他の都市部で薬剤師の求人が減る傾向にありますが、地方においては依然、薬剤師不足の地域が多く存在します。

特に日本の高齢社会では、景況に関係なく必要とされますし、地域包括ケアシステム・在宅医療を推進する政府の意向もあります。

したがって、薬剤師の転職事情が多少変化しても、しばらくは一般職よりも優位な状況での転職は続くでしょう。

転職しやすい業界は?

薬剤師が転職しやすい業界はやはり調剤薬局です。

次がドラッグストア、そして病院・クリニック企業と続きます。

これは主要な薬剤師転職サイトの求人件数からも明らかです。

やはり薬学生の就活時代と同じく、企業求人は非公開求人を含めても少なく、特に大製薬会社への転職は厳しいものがあります。

【主要な薬剤師転職サイトの求人件数(公開求人)】

  マイナビ薬剤師 リクナビ薬剤師 薬キャリ
調剤薬局 37,446件 37,540件 28,825件
ドラッグストア(調剤併設) 6,696件 11,185件 2,716件
ドラッグストア(OTCのみ) 13,728件 2,481件 846件
病院・クリニック 2,923件 3,013件 2,732件
企業(管理薬剤師・学術) 301件 293件 255件
(【マイナビ薬剤師その他の職種の求人】 CRA・CRC・臨床開発他263件、薬事57件、営業(MR・MS・他)20件、その他2459件)

(※2020年10月5日現在)

最新の薬剤師転職事情を熟知した人気の薬剤師転職サイトで、さらにリアルな求人情報が手に入ります。

薬剤師転職サイトのおすすめは?
▼こちらをクリック
薬剤師転職サイトランキング

最新!薬剤師の業界別転職事情

最新!薬剤師業界別転職事情

転職の際代表的な調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業(製薬会社)の薬剤師転職事情を知っておくとよいでしょう。

未経験でも業界、職種が違っても転職できる可能性はあります。

たとえば、人気があり最も転職の成功しやすいのが、大学病院・総合病院などの病院薬剤師から調剤薬局・ドラッグストア業界への転職です。

その他にも調剤薬局から企業や病院への転職への成功事例も多数あります。

転職事情を知った上で転職活動を進めていきましょう。

調剤薬局の薬剤師の転職事情

【調剤薬局業界の総売上ランキングTOP10】 調剤薬局売上連結(2019)

調剤薬局業界の薬剤師転職事情です。

日本保険薬局協会(NPhA)の調査(※2)によると約8割が来局患者が減少したとしています。

また日経ドラッグインフォメーション Online (DI Online)の薬局薬剤師会員を対象にした調査(※3)では、薬局の7割以上で応需処方箋枚数が前年同月比で減少との報道もありました。

しかし、調剤医療費は7兆4千億円(2018年度)を超え、処方箋枚数は年々増加、全国の薬局数は5万9千件を超えています。

つまり薬剤師求人の二ーズは常にある状態です。

調剤薬局の転職事情はしばらくは安泰と言えるでしょう。

ドラッグストアの薬剤師の転職事情

【ドラッグストア業界の総売上ランキングTOP10】 ドラッグストア売上連結(2019)

ドラッグストア業界の薬剤師の転職事情です。

特に新型コロナの影響でインバウンド需要を見込んでいたインバウンド特化型のドラッグストアは2月以降、売り上げを落としています。

しかし、ドラッグストア全体ではマスク、除菌関連商品、トイレロール、ティッシュペーパーの特需により、売上が伸びている会社が多いです。

全国のドラッグストアの総店舗数が2018年度に2万件を超え、総売上高は7兆2,744億円を記録しました。

2020年度は新型コロナウイルスの影響で店舗数の伸びが抑えられる可能性がありますが、未病や予防医療の意識の高まりもあり、ドラッグストアの存在感がより大きくなると考えられます。

実際にコロナ禍でも求人数は増加傾向にあります。

薬剤師の転職希望者の採用活動にもプラスに働くことになるでしょう。

病院・クリニックの薬剤師の転職事情

病院薬剤師の転職事情です。

病院・クリニック(診療所)は様々な意味で新型コロナウイルスの影響が大きかったです。

薬学生の就活でも人の動きが大幅に制限されたことで、採用活動に支障が出ています。

もともとは欠員募集の多い病院・クリニックですので、中途採用に関しても積極的に行う可能性はあります。

企業の薬剤師の転職事情

【企業の薬剤師の売上ランキング】

■製薬企業 製薬会社売上連結(2019)

■卸企業 卸業売上連結(2019)

企業の薬剤師転職事情です。

一言で企業の薬剤師といっても、臨床開発、CRA、MR、MS、CRAなど職種は非常に多岐にわたっています。

異業種への転職がしやすい薬剤師ですが、求人数自体が少ないので一部を除いて、未経験での転職は厳しいでしょう。

特にMRに関しては医療機関への出入りができなくなり、外来患者が減ったこともあり採用を控える傾向が続いています。

しかし、元々企業や病院に勤めていた場合、職種によって難易度に大きな差がありますが、転職は可能です。

実際にコロナ禍において相談が増え、医薬品メーカーで薬剤師の求人は若干増えました。

薬剤師の転職事情は社会情勢、業界、職種によって大きく変わってきます。常に最新の情報を仕入れて、行動するようにしましょう。

薬剤師転職サイトのおすすめは?
▼こちらをクリック
薬剤師転職サイトランキング