薬剤師転職サイト 信頼ベスト

薬剤師転職信頼ベスト

薬剤師転職サイト 信頼ベスト【最新】

薬剤師転職サイトの信頼ベストとは、薬剤師転職サイトの中でも信頼できる転職エージェントのベスト5社(最新の公式サイト)のことです。

信頼できる薬剤師転職サイトは誰もが耳にしたことのある大手の人材系もしくは大手調剤薬局系の人材紹介会社になります。

最新の口コミ・評判から薬剤師転職サイトの信頼ベストを厳選しました。

薬剤師求人サイトの信頼ベスト5社をおすすめする理由

薬剤師の転職を考える時に、都道府県ごとで雇用形態や施設形態、スキルアップに必要な研修制度の有無などを考慮する必要があります。

また、前職の引き継ぎや薬剤師として雇用される前準備などで、転職活動が長期化してしまったり、ブランクのある場合は、なかなか希望する条件、待遇の薬剤師求人募集案件を探すことが難しいです。

そこで、インターネット環境があれば誰でも手軽に適正の求人を探すことができる「薬剤師転職サイト」、特に利用者の口コミで好評な薬剤師転職サイトの信頼ベスト5社の利用をおすすめします。

薬剤師の求人情報は年々増加傾向にあり、求められる職種やスキルも多様化しており、その多種多彩な薬剤師の求人情報から自分にピッタリ合う職場を見つけることが大切です。

インターネットに存在する転職サイト、求人サイトの中では、薬剤師の転職に特化したサービスが利用しやすく人気があります。

都道府県別のエリアから求人情報を検索でき、給与や福利厚生の有無はもちろん、利用者に対してヒアリングを実施する信頼できるキャリアアドバイザーの存在は、薬剤師転職サイト特有の強みとなります。

また、薬剤師転職サイトによっては、実際にサイトを利用して転職活動に成功したユーザーのコラム、初心者の方にも分かりやすい転職の流れやマニュアルも掲載されています。

リアルな声に答える質問コーナーも設けられているので、例えば、女性の育児休業に対する悩みや復職は可能か?といった薬剤師として働く上でのアドバイスや転職活動や入職後の注意点も確認できます。

何より隙間時間に登録、利用が可能で、ネット環境さえあれば転職活動が行える薬剤師転職サイトは非常に便利で信頼できる存在なのです。

まずは薬剤師転職サイト公式サイトでも信頼できるベスト5社から自分に合うサイトを見つけることをおすすめします。

薬剤師転職サイト信頼ベスト5【最新】

薬剤師転職サイト信頼ベスト5

薬剤師転職サイトの選び方で最も重要なことは、信頼できる薬剤師求人サイト(公式)であるかどうかです。

信頼度をはかる指標はいくつかありますが、特に薬剤師転職サイトを運営している会社を調べることは重要です。 企業規模、展開エリア、企業理念はチェックしておきましょう。

次に、実績があるかどうかを確認する必要があります。 転職の仲介をするには、薬局、病院、製薬会社とのつながりが無ければ、そもそも多くの質の良い求人情報を集められません。

薬剤師転職サイトの信頼ベスト5はいずれも業界の大手であり、一度はどこかで聞いたことのある会社が運営しています。 もし今回、薬剤師としての転職活動が初めてでも就活の時に聞いたことのある会社が運営している薬剤師転職サイトです。

最後に、実際に転職サイトを利用した薬剤師の口コミ、体験談、感想、レビューなども見ておくとよいでしょう。ここでも薬剤師転職サイトの好評ベスト5社を利用した口コミ体験談を掲載しております。

リアルな口コミ情報を調べたり、転職の追体験することで、薬剤師転職サイトが信頼できるかどうかを判断できます。

薬剤師転職サイト信頼べスト5はこちらをクリック

↓    ↓    ↓ 

薬剤師転職サイト信頼ベストランキング

薬剤師転職サイト信頼ベストを利用した口コミ体験談(インタビュー)

薬剤師転職サイト信頼ベスト口コミ体験談

薬キャリの転職サポートで転職

(Aさん、20代後半/女性)
現在地元神奈川県で薬剤師をしています。 薬剤師を始めてから5年が経ちます。 4年間正社員として愛知県のドラッグストアで勤務していましたが、昨年の春より地元に帰ってきて転職し、調剤薬局で働いています。
転職理由(辞めた理由)・転職回数
辞めた理由はライフワークバランスを整えたいと考えたからです。
仕事はとても充実していました。
在宅医療では医師や看護師、ケアマネージャーといった他職種との連携をとり、患者さまが元気に暮らせるよう努めてきました。
外来の患者さんも顔なじみが増えて、市販のお薬を買う際にも頼りにしてきてくれたのはとても嬉しかったです。
しかし、慢性的な人手不足が原因でプライベートな時間は仕事により削られていきました。
私は旅行が趣味なので、なかなか休めない環境にストレスが溜まるようになっていきました。
プライベートも仕事もどちらも楽しみたいと思った私は転職を決意しました。
薬剤師転職サイトの中から薬キャリを選んだ理由
先輩が利用していたのと、求人数の多さで利用を決断しました。
薬剤師転職サイト、薬キャリを利用した感想
メールの返信も早く、電話でのコミュニケーションも十分にあったため、安心して転職先を相談し決まることができました。
転職活動の中で印象に残ったエピソード
薬キャリはとにかく求人数が多くて、通勤時間や通勤手段、休みのとりやすさ、取り扱い科目など、こちらのワガママもたくさん聞いていただけました。
年収は以前と変わらないままで、週休2日・残業なしという職場を見つけていただきとても感謝しています。
今では仕事の後にジムに通ったり、家族との時間を楽しめたりと、とても充実しています。
これから転職する後輩へのアドバイス
転職となると、新しい職場に馴染めるか、これからの生活が安定するかどうか心配になる方もいるかと思います。
ただ、転職をサポートしてくださる方はいらっしゃいますし、きっとあなたに合った職場は見つかると思います。
一歩前に踏み出すことが大切ではないでしょうか。

リクナビ薬剤師に登録、利用した感想

(Kさん、30代後半/男性)
大学を卒業したあと、大手ドラッグストアに薬剤師として就職しました。 勤務場所は、首都圏(東京都、埼玉県)の店舗を2年から3年おきに異動しました。 ドラッグストアでの勤務体制は午前9時から午後6時までとなっており、他の販売員とは異なる勤務体系となっていました。 勤務した店舗は、大型商業施設内に出店している店舗や、駅前に出店している路面店などがありました。 路面店での冬の季節の勤務は寒くて辛いものがありました。 ドラッグストア勤務当時のライフスタイルは、独身ということもあり、休日は遊びにでかけるか、自宅で遅くまで眠っているかのどちらかでした。
転職理由(辞めた理由)・転職回数
30代前半の年齢になり、ドラッグストアでは薬剤師としての業務だけでなく、販売員としての業務も担当しなければならないことに嫌気がさしてしまい、転職を決意しました。
そして、薬剤師の業務に専念できる調剤薬局へ転職をしました。 転職回数は1回です。
薬剤師転職サイトの中からリクナビ薬剤師を選んだ理由
リクナビ薬剤師のホームページを閲覧して、見やすいサイト構成となっていたことから、実際に登録して転職活動をしてもメリットを得られるだろうと判断しました。
顧客の利便性を考えている会社だと思えたのです。
薬剤師転職サイト、リクナビ薬剤師を利用した感想
専任のキャリアアドバイザーが私についてくれて、私の転職動機や新たな勤務先の希望条件について話を聞いてくれました。
私は、薬剤師としての仕事に専念したいという気持ちを持っていたことから、キャリアアドバイザーは私に調剤薬局を勧めてくれました。
私は店舗勤務の経験が長いため、接客対応に慣れていることからスムーズに転職できると想定できるとアドバイスしていただけました。
実際、すぐに応募した調剤薬局から内定をいただき、転職に成功することができました。
転職活動の中で印象に残ったエピソード
書類選考を通過したあと、採用面接の前に、キャリアアドバイザーが模擬面談を実施してくれたことが印象に残っています。
転職理由として、私が冬の季節の路面店舗での勤務は寒くて辛かったですと答えたのですが、キャリアアドバイザーからは「ネガティブな回答はしないでください」と厳しく注意されてしまいました。
ネガティブ回答は面接官の心象を悪くするとアドバイスを受けました。
これから転職する後輩へのアドバイス
筋のとおった転職動機であり、希望する職場についても明確な理由や目標を持っているのであれば、転職は成功すると思います。
一方、現状に不満を持つというだけの転職動機であれば、転職活動を成功させることは難しいと思います。

リクナビ薬剤師、薬キャリ、マイナビ薬剤師に登録利用した感想

(Tさん、20代後半/男性)
新卒で某ドラッグストアに入社し初年度から滋賀県にて勤務。週40時間シフト勤務制、残業が月に多くて40時間程。規定の休みを1日から2日削って勤務することもありました。 2年目で管理薬剤師として県内で人事異動。
転職理由(辞めた理由)・転職回数
転職理由としては、勤務による精神的・肉体的な疲労にありました。
管理薬剤師についたことで負担が重なったことが大きかったと思います。
転職活動は初です。
初回の転職活動でしたので、学生時代の就職活動でお世話になった薬剤師の転職サイトを利用させていただきました。
大きい・有名な企業のほうが取り扱っている案件も多く、企業側もそれだけ支払いもしており採用に熱心であると考えたため上記3社を選択致しました。
薬剤師転職サイトを利用した感想
利用してみて、薬キャリ、リクナビは担当の方が新人の方だった様子でした。
そのため私も初めての転職でわからないことだらけでしたし、相手方も不慣れな様子でしたのでこの人に任せて大丈夫かと不安な気持ちになりました。
大手ともなるともっとキャリアを積んだ人にベテランの方が担当になるのだろうかと自分の状況に情けなく思いました。
m3は途中で担当者が変わってしまったため、個人的な理由で連絡を取ることをやめました。
担当が変わってしまうということはやはり自分の状況はその程度のものだと考えたためです。
その後もメールにて頻繁に紹介していただけたので対応自体に不満はありませんでした。
転職活動の中で印象に残ったエピソード
希望の勤務地として関東を選択していたため、移動が多くありました。
担当のエージェントの方も関西に詳しく関東に疎いことが多かったので、遠方への転職は難しいと実感いたしました。
担当の方と面談をする際、カフェにて顔合わせを行いましたが、誰か勤務先の人と顔を合わせないか冷や冷やして面談どころではありませんでした。
あたかも裏取引をする密売人のようにあたりを伺いながら面談を行っていました。
これから転職する後輩へのアドバイス
キャリアはしっかり積んでから転職をしないとエージェントの足元を見られる。 その上また1から積み上げないといけない。
今のところが嫌になったから転職という後ろ向きではエージェントの方も判断に困ってしまう。
何がしたいとかこうなりたいといった前向きな理由で転職を行えると時期によらずいい転職ができると思います。

マイナビ薬剤師で転職に成功

(Mさん・30代前半/男性)
新卒で入社した調剤薬局に5年間勤務し、マイナビ薬剤師を利用して初めての転職を経験しました。
マイナビ薬剤師の口コミ体験談
辞めた理由としては、勤務していた薬局が2016調剤報酬改定の際、調剤基本料の減算や基準調剤加算、後発算定加算の算定が難しくなり社員の給料も下がったことです。
マイナビ薬剤師を利用した理由としては同時期に会社を辞め転職をした元同僚の口コミが良かったので選びました。
初めての転職だったので、エージェントと対面で相談できて求人数の多いのでとても使いやすかったです。
また、新しい会社に入社して契約面のトラブルが発生した場合も対応してくれるので安心して転職することができました。
前職在職中にマイナビ薬剤師に登録し、転職活動を進めていったのですが転職活動開始から内定まで1ヶ月かからずスムーズに決まったので有休消化中はゆっくりとすることができ、余裕をもって次の会社に入社することができました。
転職活動中はいろいろな会社を見学、面接できたので、それぞれの薬局の理念や働き方を知ることができて、自分の中の薬局のあり方が改められました。
もし、今の会社で不当な扱いを受けている人や昇級が少なく将来に絶望している人は、すぐに会社を辞めてマイナビ薬剤師に登録することをおすすめします。
これから医療の世界はどんどんと変わっていき、時代の変化についていけない薬局は潰れていくと思うので、臨機応変な対応のできる薬剤師になれるよう様々な職場でスキルアップしましょう。

薬剤師転職サイト信頼ランキングベスト5はこちらをクリック

↓    ↓    ↓ 

薬剤師転職サイト信頼ランキングベスト5