薬剤師転職サイトを選ぶなら複数がいいの?

薬剤師転職サイトを選ぶなら複数がいいの?

薬剤師転職サイト 複数登録
薬剤師転職サイトを選ぶなら複数がいいのかどうかについてまとめました。

Q.薬剤師転職サイトを選ぶなら複数がいいのでしょうか?
A.複数、つまり2社もしくは3社に登録することをおすすめします。
薬剤師転職サイトやコンサルタントに複数登録する方が良いの理由の一つに、薬剤師求人サイトごとに得意分野やサービスが違うことが挙げられます。一見同じように見えたりランク付けされている求人サイトですが、実はコネクションや活動エリア、得意とする分野が異なっています。

これにより必ずしも、「利用者満足度一位!」と謳うサイトや薬剤師求人サイトランキング一位のサイトが自分にぴったり合う訳ではないのです。これには薬剤師の職場が豊富にあることが関係しています。薬剤師の典型的なイメージは確かに薬局での調剤かもしれませんが、それが薬局なのか病院なのかあるいはドラッグストアなのか、製薬会社なのか大学の研究施設なのかで随分と業務内容が変わってきます。地方の調剤薬局の情報に強い求人サイトもあれば、大手企業の一般非公開の求人を専門に扱う業者もあります。すべてを見比べながら転職先を探す方が、情報量や選択肢の数という面で明らかに有利です。

優良な転職エージェントを見分ける方法

転職サービスを展開する薬剤師求人サイトやキャリアアドバイザーは、すべてが優良な業者という訳ではありません。転職はスピードが求められる分野でもあります。これが転職エージェントや担当官からののんびりした連絡や、逆に電話が頻繁で迷惑になるというケースもあるでしょう。こういった流れや状況は利用してみないと分からないこともあります。一つだけに絞って利用登録してしまうとこのようなデメリットを回避できず、ズルズルと業者のペースに引きずられるがままになってしまうでしょう。

薬剤師求人サイト複数社に登録して最も自分のペースや希望に合うところを利用することで、快適でストレスの少ない転職を進めていくことが可能になります。中には悪質な業者も存在します。初めて利用する場合は特に、この求人サイトや転職業者が良いのか悪いのかよく分からないということもあるでしょう。しかし複数の業者に登録しておくことで比較ができ、より親切でケアに優れる業者を見つけることが容易になります。

薬剤師転職サイトの細かいケアや情報を知る

面接や転職全体の大変さは同じですが、だからこそ履歴書の記入指導やスケジュールのマッチング、面接指導や同行サービスなど、ディテールに優れる業者の方が転職活動もスムーズになります。同じ求人情報だったとしても、複数社から情報を得ることで、さらなる情報収集が可能になります。

あるサイトでは基本情報しか扱っていないところでも、他の業者は社内の人間関係や雰囲気、企業が好む人材や面接時の対応などまで把握してることもあります。

薬剤師求人プレミア
>>薬剤師転職サイトのおすすめ

薬剤師転職サイトを複数利用するメリット・デメリット

薬剤師転職サイト複数利用のメリット、デメリット
薬剤師転職サイトを複数利用するメリット・デメリットをまとめました。

複数利用するメリット
    ①選択肢が多くなり、転職の成功に近づく
    ②条件・待遇が有利な求人を比較して選べる
    ③より多くの非公開求人を紹介してもらえる
    ④転職サイトやキャリアアドバイザーとの相性で選択できる
    ⑤複数の視点からアドバイスを受けられる
①選択肢が多くなり転職の成功に近づく

薬剤師転職に限らず他の職業の転職についてもいえる大原則です。選択肢が多ければ多いほどより条件、待遇の良い求人案件に出会う確率が高くなります。
大手1社に登録すれば全ての求人をカバーできるわけではありません。やはり複数の薬剤師求人サイトに登録することが自分の希望に合う求人を探すために必要です。

②条件・待遇が有利な求人を比較して選べる

同じ調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社の求人でも、薬剤師求人サイトによって、条件・待遇の違うことがあります。雇用主と転職支援会社との契約や時期が少しずつ異なることで、条件が変わることがあるからです。したがって、同じ転職先があるなら、条件・待遇を比較してから、有利な方を選べば良いでしょう。

③より多くの非公開求人を紹介してもらえる

複数の薬剤師転職サイトに登録すると、それぞれが独自に非公開求人を保有している事が分かります。非公開求人とは、公開すると応募が殺到する可能性がある、競合他社に条件を見られなくない、応募者を初めから選定したい、などの理由から、非公開にしている求人です。雇用主と転職エージェントに特別な関係がある場合に保有している求人なので、薬剤師求人サイトによって保有する非公開求人は異なります。したがって、複数の薬剤師求人サイトに登録すれば、非公開求人も多く紹介してもらえる可能性が高くなります。

④転職サイトやキャリアアドバイザーとの相性で選択できる

転職サイトによって求人に特徴があります。調剤薬局の求人に強いところ、企業の求人に強いところ、常勤よりも非常勤に強いところなどです。またキャリアアドバイザーとの相性があまり良くなかった場合、複数の薬剤師求人サイトに登録していれば、他の求人サイトを利用すれば良いです。

⑤複数の視点からアドバイスを受けられる
一人での転職活動は、ほとんど自分自身で応募書類を準備し、面接対策を施し、交渉を行わなければなりません。しかし、薬剤師転職サイトを利用する事で、担当のキャリアアドバイザーが付き、履歴書の書き方や面接対策をアドアイスしてもらえます。複数利用であれば、さらに多くの視点からアドバイスがもらえるでしょう。

複数利用するデメリット
    ①情報過多になり混乱する可能性がある
    ②連絡・やりとりが多くなりかえって忙しくなる
    ③応募、面談、日程調整が煩雑になる
①情報過多になり混乱する可能性がある

選択肢が増えるのは良い事ですが、求人情報が多過ぎるとかえって迷ってしまう可能性があります。キャリアアドバイザーによって異なる意見もありますので、主体性を持って対応しましょう。

②連絡・やりとりが多くなりかえって忙しくなる

キャリアアドバイザーとの連絡が多くなると、勤務中の方にとってはわずらわしく感じるかもしれません。電話連絡以外にもメールやLIneなどの手段があるので、これらをうまく活用して連絡を取り合うとよいでしょう。

③応募、面談、日程調整が煩雑になる

薬剤師の転職支援会社ごとに応募手続き、面接の日程調整を行わなければなりません。きちんとスケジュール管理する必要があるでしょう。

薬剤師求人サイトを複数利用する時の注意点

複数利用する時の注意点
  • 薬剤師転職サイトを複数登録、利用していることを伝える
  • 複数の転職サイトから同じ会社に応募しない
  • 転職サイトには連絡や報告を迅速に行う
薬剤師求人プレミア
>>薬剤師転職サイトランキング