薬剤師を辞めたい時に自分に合う転職先を見つける方法

薬剤師を辞めたい時に自分に合う転職先を見つける方法

薬剤師を辞めたい、転職したいと思った時に自分に合った条件、待遇の職場を見つける方法をまとめました。

待遇面に着目して薬剤師の求人を探す重要性とは

薬剤師はやりがいがあって人に貢献できるすばらしい仕事である反面、見た目の印象以上に心身をすり減らす大変な仕事でもあります。そのためいざ薬剤師の仕事を始めてから「大変できつい」と感じるケースも少なくないです。薬剤師としてステップアップ、キャリアアップを目指すことはとても大切ですし、日々の仕事をそれほど辛く感じないのであればそのまま働いても構わないです。しかし、もしも薬剤師の仕事が考えていた以上に辛く、薬剤師を辞めたいという時は、別の職場へ転職することも検討しなければなりません。その時に注意したいのは、求人で紹介されている各種待遇についてです。

薬剤師求人は千差万別で、職場ごとに待遇がそれぞれ違います。薬局、ドラッグストア、病院、製薬企業、SRO・SMO、医薬品卸企業、公務員などそれぞれの働き方は大きく異なるものです。もしも薬剤師の仕事がきつく感じているようなら、待遇に恵まれる求人を優先的に探していかなければなりません。それは、たとえば年間の休日日数がしっかりと確保されている、日曜日や祝日の勤務がなくて友人や恋人と予定を合わせやすい、産休や育休の実績があって子育て支援に積極的などが挙げられます。これらは薬剤師の仕事に直接関係しているわけではありませんが、待遇面としてぜひ知っておきたいポイントです。万が一、待遇・条件がハッキリとわからない時は、薬剤師転職サイトのキャリアアドバイザーに聞くことをお勧めします。

薬剤師の求人は、単に仕事内容な収入だけで良し悪しを判断できるわけではありません。それだけはなく薬剤師が働きやすい環境になっているのかどうか、主に待遇面についてもきちんと突き詰めなければいけないです。薬剤師として仕事を続けていくためには、しっかり休みをとったり、プライベートを充実させたりしていくことも大切です。そんな薬剤師の働く環境を充実させている求人こそが、薬剤師にとって働きやすい職場です。

薬剤師求人の待遇・条件

収入アップにつられないこと

薬剤師の自分に合う労働環境を見つける時に、まずは自分がなぜ転職したいのかを明確にする必要があります。当然、現在の職場に不満や合わない雰囲気を感じていることが理由になるはずですが、転職先に何を求めるか優先順位をしっかり決めなければ、結局のところ問題の種類が変わるだけで似たような職場に移動することになるか、何度転職しても同じことの繰り返しになってしまうかもしれません。

特に給与を優先したがゆえに後悔する選択をしてしまった人は数えきれません。2倍3倍の給料が得られるのであれば多少の不満は飲み込めるかもしれませんが、薬剤師の業界で給料を2倍にするには相当な運かキャリアが必要です。年収が100万円増えたとしても、業務内容や環境が自分に合わなけければ続けていくことが出来ません。仮に転職だけで年収100万円増が実現できたとしても、続けられないのであれば転職する価値はないでしょう。

友人・知人の紹介を鵜呑みにしないこと

友人や知人の紹介も罠となり得ます。信頼できる友人・知人や有名なところのコネだったとしても、移動してみて失敗だったという薬剤師の経験談は後を絶ちません。「薬剤師の中でも専門の分野や資格に詳しくない人からの紹介で、移動してみると自分のスキルや能力に合っていなかった」「給料が高いという話で移動したのに、いざ明細を見ると以前の職場よりむしろ低かった」「人間関係が良いからと転職したのに、実際には新参者に冷たく続けるのが辛かった」などというのは典型的な失敗例です。薬剤師の継続平均勤務年数が3年と言われているのも転職に失敗してしまったケースが多いからだと考えられます。後で後悔することになっても辞めるに辞めれなかったり、仮に辞めれたとしても経歴や友人・知人の面目を保つことができなくなる可能性もあり得るのです。

もし転職先を紹介してくれる場合、知人や友人がこの業界や同じ専門分野に通じているかどうかは重要です。同僚の人柄の良さや雰囲気の良さ、働きやすさなどは往々にして主観に基づいています。それらを鵜呑みにして冷静さを失うと、本当に見るべきポイントが転職後になってようやく見えてくるという結果になります。すでに働いている人か薬剤師転職サイトのキャリアアドバイザーや転職コンサルタントなどを活用して、転職先の真の情報を得るよう心がけましょう。

自分の分析と情報収集が大切

薬局から企業への転職にも注意点が潜んでいます。企業での薬剤師の仕事は薬局の調剤業務とは大きく異なり、新たな分野での活躍やスキル・経験の取得が期待できます。しかし求められる能力も全く違う場合があるため、念願かなって転職に成功したもののあまりの違いや忙しさにギブアップしてしまうというケースも非常によく見られます。

自分の能力やスキルを冷静に分析して、過度のストレスを感じることなく続けていける業務内容かどうかを調べましょう。薬剤師の職種、働き方は様々です。自分への正しい理解(自己分析)と事前の準備、対策が、自分に合った労働環境(転職先)を見つける鉄則だと認識しましょう。

▼薬剤師転職サイトのおすすめ

薬剤師転職サイトランキングベスト5