転職の厳しい薬剤師過剰時代のおすすめ転職エージェントとは?

薬剤師過剰時代の転職

薬剤師過剰問題とは?

5、6年前までは薬剤師不足が問題になっていましたが、2022年現在、薬剤師過剰問題が話題になっています。

実際に20年前の2002年の薬科大学(薬学部)は全国に46校でしたが、現在は74校に増えました。

その間、4年制から6年制の移行による薬剤師供給の空白期間の問題などありましたが、報酬改定による調剤薬局の閉局、統合(M&A)は現在も進行中です。

実際に薬剤師の有効求人倍率も下がっており、特に都市部においてはすでに供給過剰が常態化しているといってよいでしょう。

こうした状況から、転職市場において、薬剤師の過剰問題が話題となっているのです。

実際に薬剤師は過剰なのか?

薬剤師過剰説が流れる一方で、実は薬剤師不足は続いているという話もあります。

薬局で薬剤師が「不足」しているとする回答は20.3%だったのに対し、病院では48.2%で、病院薬剤師の不足感が伺えた。

m3.com「薬剤師不足の認識、医師より薬剤師で高く」より抜粋

つまり地方の中小病院や薬局では、依然として薬剤師の確保が必要なのです。

結論として、現時点(2022年)では、薬剤師は地域偏在、薬局薬剤師と病院薬剤師の地域偏在があるため、薬剤師過剰は地域限定であるといえます。

そうとはいえ、転職活動するにあたって、都市部(特に首都圏)で転職するのか、地方で転職するのかの状況が大きく異なることは間違いありません。

もしあなたが薬剤師過剰の都市部で転職するのなら、多くの求人情報を持っている大手の転職エージェントを利用することをおすすめします。

都市部でおすすめの転職エージェント

薬剤師転職エージェントで外せないのは、利用者満足度の高い「マイナビ薬剤師」です。

地方だけでなく都市部の薬剤師求人案件(調剤薬局・ドラッグストア・病院・製薬会社)を豊富に抱えており、転職相談会・セミナーも積極的に開催しています。

薬剤師専任アドバイザーのよる交渉力や大手ならではの情報力は、転職時に役立つことは間違いないでしょう。

次におすすめなのが、都市部の転職に強いと言われるのが、認知度の高いリクルートです。

総合人材会社として日本最大の企業グループの運営する「リクナビ薬剤師」は転職支援実績に定評があります。

そして3つ目が、「薬キャリエージェント」「ファルマスタッフ」です。

エムスリーグループでコンサルタントの満足度の高い「薬キャリ」と転職相談満足度の高い「ファルマスタッフ」も求人が豊富で、転職サポートにおいては、マイナビ薬剤師、リクナビ薬剤師に引けを取りません。

都市部での転職活動の場合、上記1~2社を活用すればよいでしょう。

薬剤師転職サイト複数利用の体験談

薬剤師転職サイト複数利用の体験談

薬剤師転職サイト複数利用の体験談

転職エージェントを活用して後悔のない転職を

(ユアンさん、30代前半、女性)

Q1
簡単な自己紹介をお願いいたします。
A1.
薬剤師6年目で 、5年半働いた時点で転職。
現在は派遣で長崎県にて小児科門前と透析皮膚科門前の二店舗の調剤薬局を行き来している。
勤務時間が限られているため前職よりも帰宅時間が早くなった。
Q2
転職した理由と今までの転職回数を教えてください。
A2
.大きめの会社だったため色々なことを学べたりいろんな人がいていい経験になったが、だんだんと会社の考えを共有したりする機会がなくなり、会社がどういう方向に向かっているのか、考えがブレているように感じて付いていく気持ちが無くなったため。
働き方を変えて見えてくるものがあるのではないかと感じ転職した。
転職回数は一回。
Q3
なぜ数ある薬剤師転職サイトの中から薬キャリとファルマスタッフを選んだのでしょうか?
A3
インターネットで検索して評価が高かったため。身近にも同じ転職サイトを利用している人が多かったため。
Q4
実際に薬キャリとファルマスタッフを利用してみての感想を教えてください。
A4
どこも最初のアタックは早かったと思う。
やり取りがスムーズにいく事も多いが、エージェントによってはなかなか返事が来なかったり、メールの誤字が多くてうまく進まないところもあった。
Q5
転職活動で印象に残ったことを教えてください。
A5
なかなか希望するところが決まらず、意を決して希望地区を広げてみたところ、退職日一週間前にいわゆる僻地…というかアクセスしにくいが生活には問題ないような場所を提示していただいたため、期間限定ならばということで退職日直前に遠方に行くことを決めました。
Q6
最後に転職活動を始める後輩に伝えたいことはありますでしょうか?
A6
一時的に辞めたい、という場面が数年働いていると時々感じることがあります。
勢いあまって後悔しないように転職するのもよいかと思いますが、今の会社で何か目標を立てて(例えば、一通り業務が一人で出来る、○年は働くなど)やり遂げた後に転職した方がいいと思います。
私自身も三度か四度ぐらい退職を決意したがうまくいかず、勤務時間にも身体がしんどくなって来てしまった時にやっと後悔ないような転職ができました。
転職サイトも悩んでいる時だと、メールや電話が煩わしく感じるかと思います。
転職日をしっかり決めてから動いた方がスムーズに事が進むはずです。あとはエージェントの担当者との相性もあるので、何度も連絡を取り自分にしっくりくる方と話を進めていけたらいいと思います。
薬剤師転職サイトランキング