看護師の履歴書の書き方/チェックすべき10項目+1

看護師の転職で必要な履歴書の書き方

看護師の履歴書の書き方/チェックすべき10項目+1

【看護師の履歴書の書き方の解説】

看護師の履歴書

履歴書はほとんどの病院の看護師求人の応募時に提出を求められる書類です。

嘘や大げさな表現は書かずに、事実と現状をしっかりと書くようにしましょう。

記入は手書きで、万年筆、黒のボールペン、サインペンのいずれかを用いて書きます。

誤字・脱字があれば新しく書き直さないといけません

字は達筆である必要はありませんが、丁寧に書きましょう。

あらかじめ書く内容を決めておくか下書きをするとよいです。

履歴書を書く時の注意
・マジック、フリクションペン(熱で消える)を使わない
・誤字・脱字に修正液は使うことはNG
・日付の基本は元号(昭和・平成・令和)で統一、西暦の場合は西暦で統一
・大きな欄は読みやすいように改行するか箇条書きで8割以上を埋める
関連記事
職務経歴書の書き方・封筒の書き方についてはこちら

ナースの職務経歴書の書き方・封筒の書き方

履歴書の書き方/チェックすべき10項目+1

看護師の転職時の履歴書チェックポイント1

①【日付】
履歴書の日付は面接日です。
書いた日ではありません。
郵送する場合は、ポスト投函日を書きます。

②【氏名】
名前は大きく丁寧に書きましょう。
「ふりがな」の場合はひらがなで、「フリガナ」ならカタカナで書きます。

③【証明写真】
印象を左右する重要なポイントです。
顔色が良く、印象の良い写真を準備しましょう。
三ヶ月以内の写真を使用します。
履歴書によってサイズは異なりますが、一般的には「3×2.4㎝」、「4×3㎝」です。
プリクラ、スナップ写真はNG
修正もやり過ぎると逆に面接時の第一印象としてよくありません。

④【現住所】
都道府県名から建物名、部屋番号までしっかりと書きます。

⑤【連絡先】
電話番号だけのもの、Emailまで書くものとあります。
Emailは特に丁寧に書くよう心掛けるとよいです。
Emailは、「v」と「u」、「0」と「o」、「1」と「l」、「2」と「z」、「5」と「s」など間違えられないように注意して書きましょう。

⑥【学歴・職歴】
学歴は高校入学・卒業、職歴は現在までの入職・退職を書きます。
学歴で義務教育(小学校・中学校)を書く場合は、卒業のみを書きます。
学校名、会社名は正式名称を書きます。
例えば、高校なら「高等学校」、(株)なら「株式会社」です。
現在、学校に通学中の場合は『学校名+「卒業見込み」』を忘れずに書きます。

看護師の転職時の履歴書チェックポイント2

⑦【免許・資格】
看護師免許以外の資格で持っている資格は書き出します。
仕事とかけ離れたものや英検3級、4級など中学校、高校レベルの資格は書かなくても構いません。
基本は元号で、取得順に正確な名称を書きます。

⑧【志望動機】
面接時でも聞かれる最も重要なポイントです。
数多くある医療機関から「なぜこの医療機関を選んだのか」、「入職したら何をしたいのか」を具体的に書きます。
空欄や「特になし」は絶対にNGです。

関連記事
履歴書の志望動機の書き方についてはこちら

看護師の転職時の志望動機の書き方

⑧【自己PR】
重要ポイントです。
自分の長所を分かりやすく書きます。
雇用主側はチームとして一緒にやっていけるかどうか、患者さんとの関係を良好に築けるかなど、コミュニケーション能力、協調性を見ていることが多いので、それらに関する具体的なエピソードがあれば、簡潔に書いてみるとよいでしょう。

⑩【特技・趣味、長所・短所】
特技・趣味は最低一つ以上書きます。
欄が大きい場合は具体的内容も書きます。
長所を書く場合は、応募先に合うように書くとよいでしょう。
短所を書く場合は、マイナス面を書くだけでなくプラスになる面を書きます
例えば、短所が神経質なら、「細かいところに気づくのでミスに気付く事が出来た」、「何でもメモにまとめる癖があるので、後輩を指導する時に役立った」などです。

⑪【特記事項】
希望の診療科がある場合、希望の入職日・希望の勤務時間等何か事前に伝えておきたい場合に記入します。
特に希望がない場合は「特になし」で結構です。

転職時に必要な応募書類

転職時に必要になる応募書類です。

必ず必要なもの

【履歴書】
コンビニ、書店、文房具店、百円ショップなどで手に入れることができます。
インターネット上からダウンロードできるものもあります。

【看護師免許】
原本またはコピーが必要です。
氏名、本拠地を変更した場合は更新が必要になります。
更新に3ヶ月程度かかるため、間に合わない時は応募先に連絡し、面接時に更新申請書を提示することが多いです。

【封筒】
看護師免許を入れる封筒と履歴書を入れる封筒を用意します。

※応募書類は、事前に必要になる場合と、面接時に持参する場合があります。

応募先によって必要なもの

【職務経歴書】
履歴書とセットで販売しているものが便利です。
企業や美容外科で必要になることが多いです。

【成績証明書】
卒業した看護学校に問い合わせて、直接取りに行くか、取り寄せます。
大手の病院、国公立病院で必要になることがあります。

【健康診断書】
3ヶ月以内に受診したものです。
受けていないときは応募先に問い合わせます。

【保健師免許・助産師免許】
資格を持っている場合に必要になります。

関連記事
職務経歴書の書き方・封筒の書き方についてはこちら

ナースの職務経歴書の書き方・封筒の書き方

看護師の履歴書の書き方のまとめ

看護師の履歴書の書き方のまとめ
  • あらかじめ書く内容を決めておくか下書きをするとよい
  • 記入は手書きで、万年筆、黒のボールペン、サインペン
  • 誤字・脱字があれば書き直すこと
  • 日付の基本は元号で統一する
  • 証明写真、志望動機、自己PR(長所・短所)欄は特に重要
  • 空欄は8割以上を埋め、空欄がないようにする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です