デイケアの仕事は若者でもできる

デイケアの仕事はどんな感じ?

デイケアの仕事を目指している方は少なくないと思います。デイケアとは通所リハビリテーションのことです。リハビリテーションという言葉から分かるように、デイケアは体に不自由がある方のリハビリの援助を目的としたサービスのことです。デイケアの利用者は、事業所に来所して看護師から健康チェックを受けます。そして理学療法士や作業療法士のサポートのもとリハビリテーションを実施します。

全身を使ったり関節を動かしたりなど様々な運動プログラムがあり、リハビリのためのマシーンも備え付けられています。さらに運動だけではなく、細かな手先の動きが必要な縫物をしたり習字をしたりといった作業療法も行なわれます。事業所によっては頭の運動をかねて計算作業を行うところもあります。事業所によって行われるプログラムは様々ありますが、共通しているのは体の機能の回復や維持などを目指していることです。

なおデイケアと似たものとしてデイサービスというものがありますが、デイサービスは食事やレクレーションなどを通して気分転換を図ることが目的の施設と言えます。他のサービス利用者とのコミュニケーションを図ったり、身体を動かしたりします。看護師によるバイタルチェックなども行われますが、目的が生活の援助や気分転換なのか、身体のリハビリテーションなのかで分かれています。

デイケアの仕事の現状は?

デイケアで働く場合は、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士、看護師、介護福祉士、介護職員初任者研修、福祉レクリエーションワーカーなどの資格があると便利です。こうした施設においては介護や介助を必要とする方がサービスを利用するため、介護職の知識やスキルが少なからず求められます。デイケアにおける介護レベルは決して高いわけではありませんが、医療法人や医療機関が運営しているケースが多いため、やはり特定のスキルや資格を持っていると将来のキャリアアップのためにも役立つはずです。

デイケアの仕事は若者でもできる

デイケアの仕事は若者でも行うことができます。もちろん経験値やノウハウなどはベテランの方には及ばないということもありますが、若者ならではの活躍の仕方もあるでしょう。デイケアでは当然コミュニケーション能力が高く求められます。

若者とコミュニケーションを持てることを喜ぶ高齢者の利用者も少なくないでしょう。若者ならではの生き生きとした会話や力仕事など、様々な面で活躍できる場面があります。また介護関連の資格を取得していく上で、やはり若者は新しい物事を学習しやすい立場にあります。今後のキャリアアップを図る上でデイケアでの仕事は貴重な経験となるはずです。