子どもが喜ぶ手品・マジック3選

子どもが喜ぶ遊び・先生

「瞬間移動するコイン」

子どもは、不思議でびっくりする手品が大好きなので、保育士さんが手品をすると大喜びすることでしょう。では、子どもたちを驚かすことができる3つの手品・マジックをご紹介しましょう。まず1つ目は「瞬間移動するコイン」です。用意するものは、コイン2枚です。次のような手順で行います。

  1. まずコインを両方の手にそれぞれ1枚づつ握ります。
  2. 片方の手の中のコインを見せます。
  3. 「これからこのコインを反対の手に移動させるよ!」と言い、呪文をかけたり、力を込めて振るふりなどをします。
  4. その後、「今、こっちの手に移動した!」と言って、反対側の手を開いてコインを見せます。

この手品は、最初から両方の手にコインを握っているので、保育士さんの演技力が一番求められています。ですから、保育園でも小さい子にしか適用できないのが難点ですが、思いっきり騙せるので楽しいでしょう。

「魔法のハンカチ」

続いてご紹介する手品・マジックは、ハンカチと飴などの小さなお菓子を使う「魔法のハンカチ」です。次のような方法で行えます。

  1. あらかじめ飴などの小さお菓子を袖の中や机の中など、すぐにとれる場所に隠しておきます。
  2. 子どもたちにハンカチを見せ、種も仕掛けもないことを知ってもらうために裏表ヒラヒラさせてしっかり見せます。
  3. ハンカチをヒラヒラさせている間に、隠していた飴などのお菓子をハンカチの裏に隠します。そして、お菓子が見えないようにハンカチで手を覆います。
  4. 呪文を唱えて、「何かがあるよ?!」とか「触ってみて!何だろう?」と子どもたちの好奇心を湧き起こしながら、ハンカチをめくります。

子どもたちはお菓子が出てきて大喜びすることでしょう。大き目のハンカチを使うと、手品がやりやすいのでおすすめです。

「コップの中身を透視」

最後にご紹介するのは、コップの中身を透視する手品・マジックです。用意するものは、紙コップ3つと中にいれるおもちゃです。次のような手順で行います。

  1. 3つの中の1つの紙コップに、自分だけが分かる印をあらかじめつけておきます。
  2. 印のつけた紙コップを1人に渡して、お菓子を隠してもらいます。
  3. その後、外から中身を透視している演技をしながら、印の付いたコップを探します。

最初に印を付けているのでとてもインチキな手品ですが、子どもはお菓子を隠す役をやりたくて盛り上がることでしょう。何度か繰り返して行なえるオススメの手品です。