保育士求人への応募方法と面接準備

保育士求人の基本

保育士求人へ電話応募する方法

転職活動をする場合、自分で電話をして応募する方法があります。電話応募は、応募先が第一印象を決める大切なファーストコンタクトとなるので、好印象を残せるよう注意しなければいけません。そのためにはまず言葉使いに気を付ける必要があります。想定される言葉をメモに書いておくなら、落ち着いて話すことができるでしょう。

また、電話をかける時間帯にも気を付ける必要があります。子どもが起きている時間帯は忙しいので、午後のお昼寝タイム(13:00~14:00頃)にかけることができるかもしれません。さらに電話で話す際には、大きな声で明瞭に話すように心がけましょう。

転職支援サイトを利用するメリット

保育士の求人を探しているなら、保育士求人に特化した転職サイトを利用すると効率よく転職活動が行えます。専属コーディネーターが希望条件に沿った求人を紹介し、面接日の日程調整をしたり、履歴書や職務経歴書の作成のサポート、面接の練習なども行えるなどさまざまなメリットが得られます。

また直接聞きづらい給与交渉や細かい勤務条件などもしてくれるので心強い味方と言えるでしょう。内定後、何らかの理由で辞退したくなったとしても、専属コーディネーターがすべて手続きをし、新たな求人案件を紹介してくれるので、転職を考えているなら転職支援サイトを利用する価値があると言えます。

保育士への面接で注意したいこととは?

保育士求人だけに限らず、すべての転職活動に共通することですが、社会人としてのマナーや身だしなみを整えて面接に臨むことは基本です。それには面接予定時刻に遅刻しないこと、携帯電話の電源をオフにしておくこと、はっきりと話すこと、スーツを着用することなどが挙げられます。特に面接時の服装や身だしなみで、第一印象が決まるので気を遣う必要があると言えるでしょう。

希望する園の雰囲気にもよりますが、清潔な印象を残せるようスーツの生地やサイズ、靴などもチェックしましょう。また、髪色にも注意が必要です。保護者のような視線で面接をする面接官もいますので、子どもの保護者に受け入れられる適切な髪色や髪型で面接に臨むようにしましょう。転職サイトを利用するなら、豊富な経験と実績をもつ専属コーディネーターが身だしなみを確認してくれます。転職に不安があるなら転職支援サイトを利用されることをおすすめします。