PCスキルで保育園だよりがサクッと作れる

あると良いスキル

保育士にあると便利なPCスキル

近年、パソコンスキルがないとこなせない仕事が増えています。手動でできる作業も、パソコンで使えば効率よく仕事が行えます。パソコンとはあまり縁がないように見える職種・保育士でも、PCスキルがあると役立ちます。たとえば保育士は毎月、保育園だよりを作成する必要があります。もちろん手書きでもお便りを作ることは可能ですが、意外と手間と時間がかかるというデメリットがあります。

なぜなら、字に自信がなかったり、季節感のある定型文が思いつかない、気の利いた文章がなかなか作れない、レイアウトが難しいなどの不便さから時間がかかっているようです。もちろん、手書きの字から人柄や温かさが伝わってくるというメリットもありますが、毎日の忙しい業務をこなしながら保育園だよりを作成するにはPCスキルがあると便利と言えるでしょう。

パソコンで保育園だよりを作成するメリットとは?

手書きで保育園だよりを作成すると、時間がかかるので仕事が滞る原因になります。しかし、パソコンで作成するなら、お便り作成にかかる負担の軽減につながります。保育士さんの中にはPCスキルを持っていない方もいるかもしれません。

しかし、PCが上手に使いこなせない人でも、インターネット上には簡単に使えるテンプレートなどが無料でダウンロードすることができます。パソコンの深い知識やスキルがなくても使いこなせるので試してみる価値があると言えるでしょう。適切なイラストも多く、好きなものを選択できるので完成度の高い保育園だよりを作れます。特にネットのイラストやテンプレートサイトを利用すれば、可愛くて、季節感のあるイラストを簡単に挿入できるのでオススメです。

保育士に便利なツールとは?

PCスキルの基本と言えば、「ワード」と「エクセル」です。一度も利用したことがないと最初は大変かもしれませんが、比較的短期間でマスターすることが可能です。事務作業の多くはワードやエクセルを使用するので、身に付けておくと便利なスキルと言えます。

保育士の仕事はもちろん、保育士以外の分野で転職する際にもPCスキルがあると転職が有利なるでしょう。ワードやエクセルなどのオフィスツールには、新しいアイデアがたくさんあります。またエクセルでは出席簿やクラス名簿、保育記録、シフト表なども作成することや、写真を挿入することも可能です。PCスキルに自信がない方は、この機会にスキルを磨いてみるのはどうでしょうか?