子どもに好かれる潜在的な才能も必要

保育士に必須のスキル

子どもに好かれる人の特徴とは?

同じような態度で子どもに接していても、子どもに好かれる人と嫌われる人がいます。特に保育士には、子どもに好かれる潜在能力が求められています。では、両者にはどのような違いがあるのでしょうか?まず1つ目に、子どもと同じ目線で話すか?それとも上から話すか?という点が挙げられます。

子どもと話す際、同じ目線に立って真剣に話してくれる人は子どもから好かれます。子どもの話でも真剣に受け入れて、聞いてあげるなら子どもから好かれますが、子どもの話だからと言っていい加減に聞き流していると、子どもはそれを感じ取り近づいてこないでしょう。

優しく笑顔で接することは基本

子どもだけではありませんが、子どもに好かれる人の特徴は、優しさを備えています。子どもがたとえ悪いことをしても、頭ごなしに叱るのではなく、二度と悪いことをしないように優しく正す才能が求められています。保育士としてたくさんの子どもたちと毎日接しているとストレスを感じることもあるでしょう。しかし、子どもに嫌われるような方法で怒ってばかりいると、子どもに好かれなくなるだけでなく、嫌われてしまう恐れもあります。

ですから、いつも優しく接するように心がけるようにしましょう。怒られることが好きな子どもはいませんが、子どもをいつも怒っている人の特徴はいつも怒った顔をしています。つまり、笑顔がありません。子どもに好かれる人は、自然と優しい笑顔で子どもと接しています。是非、笑顔を絶やさない保育士を目指しましょう。

よく褒めることも大切!

子どもに限らず、大人でも人から褒められることは嬉しいものです。つまり、人は誰かから認められ、褒められたい!という願望があります。そのため、子どもの多くは自分が何かしてできたことを、すぐに保育士や先生、親などに報告するものです。その際、子どもからのメッセージをしっかり受け止め、よく褒める人は子どもから好かれます。そして、子どもの名前をしっかり呼んで、一人の人として認めてあげるようにしましょう。

一方、子どもから嫌われる人の特徴は、子どもの報告を面倒と感じ、生返事のみで真剣に受け止めていません。子どもはしっかり大人の顔色や態度を観察しています。子どもに好かれるためには、いつも子どもが近づきやすいと感じる褒めやすい人になりましょう。そして、表情豊かな顔や態度で子どもに接してあげるようにしましょう。