保育士に採用されやすくするコツ

保育士求人の基本

保育士に求められている人物像をアピールしよう!

保育士として採用されるためには、保育士として求められている人物像を面接官にアピールすることがポイントです。では、どのような人物像をアピールすればよいのでしょうか?そのひとつに常識のある行動ができることが挙げられます。子どもは大人をよく観察し、真似をします。

そのため、一日の大半を一緒に過ごす保育士の行動は、子どもに大きな影響を与えるので、言葉使いや明るくて元気に子どもと接することができる常識マナーがある保育士が求められています。また、元気で活発な子どもを預かるので、体力に自信があることをアピールすることも大切です。さらに子どもの失敗にもめげず、失敗を次に活かせるよう前向きで強い精神力があることもアピールするなら採用されやすいでしょう。

面接の際に心がけておくべきこととは?

面接の際、好印象を残せるようどのような点を抑えておけばよいでしょうか?まず社会人として面接の時間を守ることは基本です。約束の時間に遅れると、約束を守れない時間にルーズなマイナス印象を与えるので、面接時間に余裕をもって到着するように調整しましょう。また、身だしなみも第一印象に大きく左右します。

サイズの合ったスーツで、しっかり磨かれた靴を履き、アイロンのかかったシャツを着て面接に臨みましょう。さらに携帯電話の電源をオフにすることや、入室・退室マナーをしっかる守ることは大切です。それには面接に入る前にドアを3回ノックすることなどが含まれます。

面接でよく聞かれる質問に答えるポイント!

面接で自己紹介をするよう質問されることがあります。面接官はこの質問をすることで、自己分析をどのように見ているかを分析します。履歴書に記入したことをそのまま述べることもできますが、自分が持っているスキルをアピールすると好印象が残せます。たとえば保育に関する特技やダンス、ピアノ、絵など自分の得意とするものをアピールするようにしましょう。

またよくある質問として、どんな保育士を目指しているか?と聞かれることもあります。この質問は、保育をする上での価値観を探る質問です。そのため、自分の価値観と園の価値観が一致していることがポイントです。もちろん、子どもが好きなことをアピールすることもできますが、それは当たり前のことなので漠然とした回答ではなく、具体的な価値観を述べるようにしましょう。