男性が保育士になるのは難しい?

保育士求人の基本

ニーズが広がっている男性保育士

保育士と言えば、女性の職場というイメージを持たれている方が多いことでしょう。男性保育士はまだ少なく、男性が保育士を目指すことがまだ難しい環境であることは事実です。しかし、男性保育士のニーズは確実に広がっています。

その理由として、近年、女性が働き男性が主夫として家事をするという家庭が増えているため、男性保育士の需要も増えています。そのため、保育園だけでなく、保育所や児童施設など男性が保育士として働ける現場は着実に拡大しています。今まで保母さんと呼ばれていましたが、男女雇用機会均等法の改正で「保育士」という名前に統一され、男女関係のない職業として認識されています。

男性保育士が求められている理由とは?

男性保育士の必要性は、年々高まっています。たとえば防犯対策のために男性保育士は必要と言われています。近年24時間営業の夜間保育や延長保育・託児所などは、全国に増加する一方です。子どもを狙った犯罪も増加しているため、男性保育士が一人でもいると心強く、安心して過ごせるため、男性保育士は心強い存在と言えるでしょう。また、女性には限られた力しかありませんが、男性が活躍できるシーンは数多くあります。

体や力を使ったダイナミックな遊びができるのも男性保育士の役割と言えるでしょう。さらに男性保育士の存在は保護者にも期待されています。特に父親側にとっては、同じ男として男性保育士がいることで話しやすいと評判です。子どもにとっても女性だけの保育園よりも男性がいることでよい影響を与えられますし、女性保育士もお互いによい刺激となり活気ができると言われています。

男性が保育士として長く働くには?

保育士は、専門性の高い国家資格です。男性でも保育士免許取得を目指すなら、保育士として活動することは可能です。専門性の高い知識が求められている保育士なので、特別なスキルがあるならその分野の講師として活躍できるでしょう。たとえば幼児体育のスキルがあるなら、子どもたちと一緒に体を動かすことができるかもしれません。

またオルガンなどを弾くスキルや絵本の読み聞かせ能力、幼児向けの英語指導、リトミックなどがあります。すでに持っているスキルや知識、経験を活かすことも可能です。男性の保育士の需要は今後ますます高まることが予想されています。子どもが好きなら保育士を目指してみるのはどうでしょうか?